これは凄い!!切り絵アーティスト・長屋明のポストイットを使ったアニメシリーズ


切り絵を制作する切り師・長屋明のポストイットを使ったアニメシリーズをご紹介します。正方形型のポストイットを使って様々なアニメキャラクターの切り絵を制作しています。

「ドラゴンボール」「風の谷のナウシカ」「ドラえもん」「アンパンマン」「北斗の拳」などお馴染みのキャラクターが切り絵で表現されていますよ。

正方形型のポストイットといえどあれだけ小さい紙切れにこれだけキャラクターを再現できるのですから凄いです。

1988年 寿司職人の「笹バラン」細工に魅せられ、独学で切り絵を始める。2011年 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル ミュージックラウンジ スターボの展覧会にて、切り絵アーティストとして、作家活動を始める。線を糸のように表現できる切り絵を発表し、テレビやメディアなどに取り上げられる。2012年6月にニューヨークにて「長屋明 切り絵の世界」展や、2015年12月「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開記念「アーティスト・プロジェクト」など、国内外で展示会を行いながら創作活動を行う。

切り師 長屋明オフィシャルサイト






すべての画像を見る






 
 
 

2014年8月29日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」... ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!!シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
超絶技巧の極致。伝説の彫刻家・安藤緑山の象牙彫刻が超リアル... 彫刻家・安藤緑山(あんどうりょくざん)(1885〜1955年)の象牙彫刻をご紹介します。安藤緑山は象牙を使った彫刻作品である牙彫(げちょう)を主に制作した彫刻家です。江戸時代に始まった牙彫(げちょう)は、明治期に外貨獲得の国策として海外に輸出されはじめた、「牙彫ブーム」に安藤緑山も野菜や果物...
満月や銀河をモチーフにしたロマンティックで神秘的な指輪... こちらはアメリカのアーティストのKeri Newtonが手作りした指輪作品です。満月や銀河、惑星などがモチーフとなっており、それらを手で包み込むようなデザインとなっています。購入が可能でクリスタルボール部分はアメシスト、水晶、オパライト、レインボーオーラなどを選ぶことができて、リングの金属部...
角煮にしか見えない!!故宮博物院で人気を博す「肉形石(にくがたいし)」が美味しそう・・・... 「肉形石(にくがたいし)」(高5.73cm×6.6cm×厚さ5.3cm)をご存知でしょうか。以前にご紹介した白菜の形をした着色がされていないヒスイ輝石(宝石として珍重されている翡翠のうちの「硬玉」)が使われている「翠玉白菜」と肩を並べるほど人気のある作品なのです。「翠玉白菜」は2014年6〜9月に東...
【ジャパン・ルネサンス】「新版画」に情熱をかけた男たち。川瀬巴水と吉田博の木版画展が開催... 長野県東御(とうみ)市にある東御市出身の画家丸山晩霞の作品や愛用品を収蔵・展示する丸山晩霞記念館(まるやまばんかきねんかん)で「川瀬巴水・吉田博木版画展」が2015/11/7(土)~2016/1/31(日)の期間に開催されます。明治30年前後から昭和時代に描かれた木版画、浮世絵の近代化、復興...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る