どうやって撮ったの?特殊能力!?浮遊する赤ちゃんを撮影した写真シリーズ「Flying Henry」


こちらはアメリカ、ロードアイランド州を拠点に活動するRachel Hulinの写真シリーズ「Flying Henry」で、ご自身の息子であるヘンリー君を撮影した写真です。赤ちゃんがフワフワと浮遊するとても不思議な写真になっています。

本当に飛べるわけでも、放り投げた瞬間を撮影したわけでもないわけですから何かしらの技術が使われているのでしょうが、光や落ちる影などとても自然に見えますね。

この「Flying Henry」は写真集としても出版されていますのでご興味のある方は是非!











Flying Henry
Flying Henry






 
 
 

2014年9月10日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

香港のネオンサインが楽しめるオンラインエキシビション「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」... 香港のネオンサインが楽しめるオンラインギャラリー「NEONSIGNS.HK 探索霓虹」をご紹介します。このサイトでは香港のネオンサインをGoogleマップにマッピングし、どこにどんなネオンサインがあるか見ることができます。「AKIRA」や「ブレードランナー」「攻殻機動隊」などといった近未来のイメージ...
ネオンカラーでギラつく東京。サイケデリックな繁華街を捉えた夜景写真... ベルギーのブリュッセルを拠点に活動するフォトグラファーであり、映像作家でもあるXavier Portela(ザビエル・ポルテラ)は東京やバンコク、香港などアジアの各地を訪れ、多くの写真をInstagramに投稿しています。 東京の秋葉原、新宿などのギラギラとネオンカラーが眩しい繁華街を撮影して...
次の瞬間を想像させる。悲惨な結果の直前を撮影した寸止め写真... フォトグラファーAaron Tilleyの写真がとても秀逸です。撮影されたのは一見すると日常に溢れる普通のモチーフではありますが、絶妙なタイミング、誰もが想像できるであろう悲惨な次の場面の手前で撮影されています。 風船が割れる直前、ペンのインクがシャツに落ちる直前、卵やグラスが割れる直前など、...
技術力が圧巻。デジタル処理で作られた非現実世界が、かなりリアルに見える... レタッチ(フォトレタッチ)とは、画像データ、特に写真を取り込んだデータを加工・修正する作業で、スウェーデンに拠点を置くErik Johansson(エリック・ヨハンソン)さんは、プロのレタッチャーであり、フォトグラファーです。 限りなくリアルに見えるフォトショップの技術力、レタッチなどが凄いの...
話題のアマチュア写真家【西本喜美子】の初写真集... 以前ご紹介したアマチュア写真家・西本喜美子のセルフ・ポートレート作品ですが、写真集「ひとりじゃなかよ」となって発売されます。衝撃的なセルフ・ポートレートで各メディアを賑わせた写真家の初となる写真集です。 話題となったセルフ・ポートレートから心温まる熊本弁の詩や幻想的な写真が掲載されています。飛...
ダークで幻想的。特異な「死」のイメージを作り出すフランスのグラフィックデザイナーDehn Sora... フランスのグラフィックデザイナー、アートディレクターDehn Soraによるアンビエント、エクスペリメンタル(実験的な環境音楽)バンド「Treha Sektori」は、音楽とともにアルバムワークなどでダークで特異なイメージを作り出しています。 Dehn Sora自身がアートワークを担当しており...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る