子供の頃見た悪夢や恐怖。付箋に描かれた不気味なモンスター達「Sticky Monsters」


こちらはJohn Kenn Mortensen(ジョン・ケンモーテンセン )が付箋(ポストイット)に描いたイラストレーション「Sticky Monsters」というシリーズ作品です。

描かれているのは小さい子供達と得体の知れない化け物たち。誰もが子供の頃、恐れたような無形の存在をモンスターとして表現しています。

不気味で残酷、後味が悪い絵本を作るアメリカの絵本作家エドワード・ゴーリーを彷彿とさせる怪物達がペンで描かれていますね。

このシリーズはAmazonでも画集が発売されていますのでご興味のある方は是非。以下。


Sticky Monsters

Sticky Monsters
John Kenn Mortensen
Square Peg






以下は、作品の展示風景

Sticky Monsters
Sticky Monsters






 
 
 

2014年9月10日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【イラスト】ボールペンと金箔で描かれた美しい神話的ファンタジー世界... カナダのトロントを拠点とする女性アーティストRebecca Yanovskaya(レベッカ・ヤノフスカヤ)のイラストレーションをご紹介します。こちらのイラストレーションは大部分がボールペンで描かれており、金の部分は金箔が使われています。SFやファンタジーの世界観、クリムト、ウィーン分離派の影響を色濃...
コカインやLSDなど。20種類の薬物を毎日使い続けて描いたデザイナーの自画像... 芸能人や有名人の覚醒剤による逮捕が話題となり、薬物依存の怖さを身近に感じることが多くなりました。 サンフランシスコを拠点に活動するグラフィックデザイナーのBrian Pollettは自身で薬物を使用し、イラストレーションを描くという実験をシリーズ化した作品「Pixel-Pusha's 20 D...
ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く奇怪な恐竜やSF的な怪物たち... ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く、怪物や空想上の恐竜のドローイングが素晴らしいです。人間との比較で実際のスケール感や想定された骨格、雄雌の違いなどまで描き分けています。 エイリアンや、河童、妖精、既存の動物と融合したかのような恐竜も描き、様々な造形的要素を組み合わ...
シュールでシニカルな世界。ユニークだがどこか切ないGuy Billoutのイラスト作品... フランスのアーティスト、イラストレーターGuy Billout(ギー・ビルー)(1941〜)さんはシュールレアリスムを根底にしたイラストや挿絵などの作品を多く手掛けています。 Guy Billout(ギー・ビルー)さんはフランスにある美術の学校を卒業後、グラフィックデザイナーとして仕事をし、そ...
幻想的で神秘性を感じさせるSF的風景画。アルバムアートの全盛期を築いた巨匠ロジャー・ディーンの作品... こちらはイギリス出身の画家・デザイナー・建築家でもあるRoger Dean(ロジャー・ディーン)のイラストレーション作品です。 1960年代後半のイギリスに現れた多くのプログレッシブ・ロックバンドのアルバムのジャケットワークを担当しました。多くのプログレッシブ・ロック・アルバムのアート・ワーク...
美しき物語と耽美な装飾。世紀末アール・デコ時代に活躍したカイ・ニールセンの挿絵画... コペンハーゲン出身、デンマークのイラストレーターKay Nielsen(カイ・ニールセン)(1886-1957)は19世紀後半から1930年頃のイギリスを中心とした挿絵の黄金期である「挿絵の黄金時代」に活躍した1人です。 オーブリー・ビアズリーのアール・ヌーヴォー的な線描を受け継いだとされ、同...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る