【天才画家】類稀な観察力。デューラーの描いた「手」に見るデッサン力

ドイツのルネサンス期の画家アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)(1471-1528)が描いた手のデッサンをご紹介。

直下の作品は37歳の時に描いた「Hands of an Apostle」(1508)です。祈りを捧げる弟アルバートの手を描いたとされている作品です。デューラーのデッサンはいつみても凄いわけですが、手をモチーフにしたデッサンがとても多く、肖像画でも手のポーズは絵の中の構成要素としてかなり比重があります。

指の1本1本が異様な生命力に満ちた存在感があり、観察による描写とデフォルメされた造形は見るものを圧倒する力があります。描かれた手と同じポーズを取ってみると、その手に何を見たのかがわかるかもしれません。

デューラーの父は、彼が生まれる16年前にハンガリーからニュールンベルクの 近郊に移住してきた鍛冶屋だったが、18人もの子沢山だったため、 鍛冶仕事や雑用程度の手間賃稼ぎに追われて、 生計を建ててゆくのが困難だったとされる。
鍛冶屋のアルブレヒトとアルバートの息子2人がある日相談して、 コイントスに勝った方がニュールンベルクの町にゆきアカデミーで絵画の勉強をし、 負けた方が4年間炭坑で働き学資を稼ぐ。そして4年経った後には、 絵で生計を立てるようになった方が、最初働いていた兄弟の絵の勉強の学資を出す。 こんな約束だった。

生の感動伝えるデューラーより






すべての画像を見る






デューラーの素描 (版画と素描 新装)
前川 誠郎, デューラー
岩崎美術社
定価 ¥3,093(2017年12月8日23時12分時点の価格)

 
 
 

2014年9月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

生々しく残る傷跡。戦争で顔面を負傷した傷痍軍人たちのポートレイト... 外科医でもあった英国の画家Henry Tonks(ヘンリー・トンクス)(1861-1937)は第一次世界大戦で顔面を大幅に損傷した傷痍軍人たちのポートレイトを描き続けた画家です。 パステルという顔を描き込むにはには、多少不向きな描画材料ではありますが、顔の肉感や傷の生々しさが克明に描かれていま...
ダリにピカソ、クリムトなど。巨匠芸術家が親しい人に手描きで書いた手紙... 巨匠芸術家が書いた手紙をご紹介します。とても珍しいものばかりです。 今では手紙を書く機会がめっきり減りましたね。用事があれば電話やEメールなどで済ませてしまうことが多くなりました。昔の人々は今に比べたら手紙を書くことは多かったでしょう。 ここで紹介する手紙は言葉だけでなくアイデアスケッチ...
伊藤潤二やベクシンスキーに影響を受けたMiles Johnstonの悪夢的な鉛筆画... Miles Johnstonnは鉛筆で悪夢のような世界を描き出します。作風はAlphonse Mucha(アルフォンス・ミュシャ)やZdzisław Beksiński(ズジスワフ・ベクシンスキー)、Ernst Fuchs(エルンスト・フックス)、日本では漫画家の伊藤潤二、イラストレーターの山本タカ...
陰影が美しい。アーティストの身近な人物を描いたドラマティックな木炭画... 女性アーティストAnnie Murphy-Robinson(アニー・マーフィー・ロビンソン)はデッサンなどの描画材として使われる木炭で自身の身の回りの方を描いています。 陰影がとても美しく、写真のようなリアルさと木炭で描いた絵画的な質感をもった作品となっています。 ...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
     

SNSで更新情報を配信中!!