【まとめ】ファンタスティック!信じられないほど立体的な3Dドローイング


Ramon Bruin、Nagai Hideyuki、Fredoの3名のアーティストをご紹介。

とても作風が似ているので3Dドローイングを作るアーティストとして一括りにしてみました。似てはいるものの3名とも素晴らしいドローイング作品でそれぞれの個性が際立っています。

全体の特徴としては描いている環境を含めて作品を撮影していることがわかります。鉛筆や消しゴム、手など現実の立体物を写真の中に登場させることによって絵自体の陰影にリアリティが出ています。

まるで描いたものが画面から出てきているような効果はこれらの作品群の面白さですね。






Ramon Bruin

こちらはオランダのアーティストRamon Bruinの作品。このアーティストはこの作品の他にバイクのカスタムパーツやギターなどにも絵を描いています。

Nagai Hideyuki


こちらは日本人アーティストです。1991年生まれの若い方の作品。コミカルな作風が特徴ですね。

Fredo

チリ人アーティストで彼が16歳頃からこういった作風の3Dドローイングを制作しています。グロテスクなキャラクターやアンダーグラウンドな世界観を構築しています。






 
 
 

2012年10月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

これは驚き!!3Dドローイングアーティストの新作が目を疑うレベル... オランダのアーティストRamon Bruinの最新の3Dドローイングが目を疑うほど立体的に見えます。instagramにその最新作を多く投稿しています。以前紹介したRamon Bruinの記事はこちら⇒⇒⇒【まとめ】ファンタスティック!信じられないほど立体的な3Dドローイング 初期の作品から比べ...
ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く奇怪な恐竜やSF的な怪物たち... ウクライナのアーティストAlexey Monzhaleyが描く、怪物や空想上の恐竜のドローイングが素晴らしいです。人間との比較で実際のスケール感や想定された骨格、雄雌の違いなどまで描き分けています。 エイリアンや、河童、妖精、既存の動物と融合したかのような恐竜も描き、様々な造形的要素を組み合わ...
顔で埋め尽くされる画面。統合失調症の画家Edmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)の濃密... ポーランドのアーティストEdmund Monsiel(エドムンド・モンシエル)(1897–1962)は統合失調症のアーティストです。統合失調症とは幻聴、幻覚、異常行動などを伴う認知能力、思考、知覚、感情、言語、自己と他者の感覚、これらの他人との歪みによって特徴付けられる症状を持つ精神障害の一つで、(...
悪夢的絵画世界。アーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)のドローイング作品... ニューヨーク出身でロサンゼルスを拠点に活動するアーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)の絵画作品をご紹介します。 恐怖政治、セクシュアリティ、欲、無関心などを主題にしたモノクロームのドローイング作品です。高熱でうなされた時のような、現実ではありえない光景がリアルに描かれてい...
生々しく残る傷跡。戦争で顔面を負傷した傷痍軍人たちのポートレイト... 外科医でもあった英国の画家Henry Tonks(ヘンリー・トンクス)(1861-1937)は第一次世界大戦で顔面を大幅に損傷した傷痍軍人たちのポートレイトを描き続けた画家です。 パステルという顔を描き込むにはには、多少不向きな描画材料ではありますが、顔の肉感や傷の生々しさが克明に描かれていま...
【鉛筆画】空気まで克明に描くアーティストPaul Caddenの超描写... スコットランド、グラスゴー出身のアーティストPaul Cadden(ポール・カデン)(1964-)は鉛筆を使って克明なほどに人物や風景を描いています。鉛筆で描かれているせいで画面が若干、反射しているようにも見え、撮影環境も写されているようにも思えますが、人物だけでなく画面全体のリアリティを求めている...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る