不気味。旧ユーゴスラビア生まれの画家が描いた重厚感ある絵画作品

暗闇から人物の頭部だけが薄らと顔を覗かせています。とても不安な気持ちにさせられる作品群です。どの表情も悲しげで、目の見えない人物もいます。こちらに投げかける視線にこのアーティストはどういう想いを込めたのでしょうか。

こちらは、旧ユーゴスラビア、サラエボ、1975年生まれのMaya Kulenovic(マリア・クレーノヴィッチ)の絵画作品です。アイルランド生まれのイギリス人画家フランシス・ベーコンや、女性報道写真家、戦場カメラマンの草分けのマーガレット・バーク・ホワイト、バロック期を代表する画家レンブラント・ファン・レインなどに深く影響されています。

初期の作品には暴力的な描写が多く、風景を描いた作品もかなり魅力的ですのでオフィシャルサイトでご覧下さい。現在は、カナダのトロントに在住し国際的に活動されています。

Maya Kulenovic






こちらがMaya Kulenovic(マリア・クレーノヴィッチ)ご本人です。

すべての画像を見る






Maya Kulenovic / druk 1: paintings
Maya Kulenovic / druk 1: paintings

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【絵画】新聞紙から女性達が浮き上がってくる不思議な絵... 韓国人アーティストShin-Young Anの作品「Face Series」をご紹介します。Shin-Young Anの絵画作品はキャンバスではなく、油絵具で新聞紙に描いています。 新聞紙の耐久性はキャンバスとは比べものにならないのですが、あえて新聞紙に描くことによって特徴づいた作品になってい...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
【6選】繊細緻密な絵画の世界。奇跡のリアリズムとも言うべき日本の写実画家達の作品... 日本の写実画家の作品をご紹介します。当サイトではスーパーリアリズム、フォトリアリズムを多く紹介してきましたが、こちらも同様にリアルに描かれていますが、写真を用いて対象を克明に描写するフォトリアリズムとは違い、画家自身がモチーフ、女性や対象と向き合いそれぞれの解釈で描いています。 描かれた画面か...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る