刺青のサンショウウオ。「進化」をテーマにした井上裕起の立体作品

アーティスト井上裕起の立体作品はサラマンダー(Salamander)、火を司るトカゲやドラゴンのような姿をした架空の生き物、実在する生き物では「山椒魚(サンショウウオ)」がモチーフになっています。

そのサラマンダーには刺青が描かれており、細部を見ると実に緻密で美しい和彫りの模様を見ることができます。これらの作品は自動車のパーツなどに使われるFRP(繊維強化プラスチック)が素材となっています。山椒魚のユーモラスな表情と伝統的な和彫り模様が美しい作品ですね。

[IREZUMI/刺青]とはTatooを意味する日本語であり日本で独自の進化をしてきた。
その伝統的なスタイルは和彫りと呼ばれ一般的に暴力団を想像するため嫌悪感を持つ人も多いが、その様はイメージとは裏腹に緻密で美しい。
サラマンダーが属する両生類が進化の過程において水中から未開の地を目指すという命がけの行為と刺青を彫る事によって世を捨てるほどの覚悟を決めるという一見刹那的に見える行為は、言い換えれば自ら生きる道を切り開くという希望に満ち溢れている。


salamander [ IREZUMI ]
installation views:縹渺-巧術其之伍/HYOH-BYOH KOH-JUTSU chapter 5 atrium

すべての画像を見る






 
 
 

2014年9月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
何かが生まれる瞬間!?それとも変身か・・・体内からパワーが噴出するような人間を表現した彫刻作品... こちらはPaige Bradleyの「Expansion」というタイトルのブロンズ彫刻作品です。 「Expansion」は拡大や拡張、発展といった意味があり、まさに1人の人間が内面から変化するような様が表現されています。とてもシンプルで分かりやすいですね。 彫刻作品自体に亀裂のようなもの...
人体の一部がピクセル化した彫刻作品「解散‧集合」... 台湾の彫刻家のHsu Tung Hanは人物を彫刻しています。彫刻された人物の一部分がピクセルのようなフォルムからなっており、視覚的に面白い表現をされています。 リアルな人体とピクセルのデジタルな表現が対照的ですね。これらの作品は大きな1本の木から彫り出されているわけではなく、1つの1つの角材...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る