ルネ・マグリットの不条理なユーモア。「言葉とイメージ」の問題を追求したシュールレアリスト

ベルギーの画家で、サルバドール・ダリマックス・エルンストイヴ・タンギーなどと並ぶシュールレアリストのルネ・マグリット(René François Ghislain Magritte)(ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット)(1898〜1967)は20世紀美術のもっとも重要な運動の一つであるシュルレアリスムを代表する画家です。最近では、2015年に国立新美術館、京都市美術館でマグリット展が開催されたのも記憶に新しいですね。

1898年にマグリットはベルギーのエノー州レシーヌに3人兄弟の長男として生まれています。幼い頃より、絵を描くことに興味をもち10代の頃から絵画教室に通っています。18歳でブリュッセルにある王立美術アカデミーに入学し、在学中は、抽象絵画やキュビズム、ピュリスムなどの動向から幾つかの傾向を模索して制作しました。

ジョルジェットという女性に14歳の頃に初めて出会い、その後、偶然再会し、1922年、24歳の時に結婚しています。目立った女性関係はなく、1967年にマグリットが亡くなる最後まで、ジョルジェットが伴侶となっています。マグリットの作品にもモデルとして多く登場¥し、最後まで、添い遂げたことからマグリットにとって、理想的であり、精神的な支えであったことが伺えます。その後、ポスター、広告デザインの仕事に就き、制作も行っています。

1924年にフランスの詩人アンドレ・ブルトンによって創始された芸術運動であるシュルレアリスムは、ジグムント・フロイトの提唱した精神分析理論に依拠して、人間の無意識に生と芸術の根元を見出そうとしました。1926年頃にシュルレアリスム・グループが成立し、マグリットもこの運動に参加しています。

マグリットの作品の形象は明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で丁寧な仕上げがほどこされています。改めて観ても不思議な世界観ですね。
国内だと豊田市美術館、宇都宮美術館、横浜美術館が所蔵しているので見ることができますよ。






    ルネ・マグリットの作品リスト

  • 恋人たち
  • イメージの裏切り
  • 複製禁止(エドワード・ジェイムズの肖像)
  • ゴルコンダ
  • 光の帝国
  • 葡萄摘みの月
  • ピレネの城
  • 大家族
  • 白紙委任状

ルネ・マグリット「恋人たち」 1928年 キャンバスに油彩 ニューヨーク近代美術館

顔を白い布に覆われた恋人がキスをする光景を描いています。神経を病んで、橋の上からサンブル川に身投げし、2週間以上、川に浸かっていたため、遺体はかなり傷んでいたといいます。この白い布は、母が発見された時にかけられていたものだといいます。

ルネ・マグリット「イメージの裏切り」 1929年 キャンバスに油彩 ロサンゼルス・カウンティ美術館

パイプの下に描かれているのは「これはパイプではない」という文字。確かにパイプではなく、描かれたパイプであって本物のパイプではありません。「物」と「物のイメージ」と「物の名前」の結びつきは恣意的なものでありお互いに切り離すことができるということ、この3つが新しい関係性を生んだことを表象させることをこの作品でマグリットは試みています。
ルネ・マグリット「イメージの裏切り」 

ルネ・マグリット「複製禁止(エドワード・ジェイムズの肖像)」 1937年 キャンバスに油彩 ボイマンス・ファン・ブーニンゲン美術館

ルネ・マグリット「ゴルコンダ」 1953年 キャンバスに油彩 メニル・コレクション

ルネ・マグリット「光の帝国」 1954年 キャンバスに油彩 ベルギー王立美術館/マグリット美術館

ルネ・マグリット「光の帝国」

ルネ・マグリット「葡萄摘みの月」 1959年 キャンバスに油彩 個人蔵

ルネ・マグリット「葡萄摘みの月」 

ルネ・マグリット「ピレネの城」 1959年 キャンバスに油彩 イスラエル美術館

ルネ・マグリット「ピレネの城」

ルネ・マグリット「大家族」 1963年 キャンバスに油彩 宇都宮美術館

ルネ・マグリット「大家族」

ルネ・マグリット「白紙委任状」 1965年 キャンバスに油彩 ワシントンナショナルギャラリー

ルネ・マグリット「白紙委任状」






この記事の参考文献及び、マグリットの作品集

もっと知りたいマグリット 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
南 雄介 福満 葉子
東京美術
売り上げランキング: 223,332
マグリット事典
マグリット事典

posted with amazlet at 19.02.24
クリストフ・グリューネンベルク ダレン・ファイ
創元社
売り上げランキング: 223,595

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

お尻!お尻!お尻!父親の死後、発見された数多くの「尻画」に家族が仰天。「青木昌三作品集」が絶賛発売中... 「わたしのいない高校」などで知られる小説家・青木淳悟さんの父である青木昌三氏(享年70歳)の絵画作品集「青木昌三作品集」がBOOTHから発売されています。 2015年2月に亡くなった青木淳悟さんの父・青木昌三氏は元々、画家ではなく、作品集に掲載されているのは、死後、青木昌三氏の隠れ部屋から...
享年30歳。飛び降り自殺した画家・深井克美の描く幻想世界... 深井克美(ふかいかつみ)という画家をご存知でしょうか?30歳(1948年~1978年)という若さで亡くなられた函館生まれの画家です。 14歳の時、結核に感染し当時としては難病である脊椎カリエス(肺からの結核菌(けっかくきん)が血行性に運ばれて発症する結核性脊椎炎 出典:goo)を患っていま...
【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害(多重人格)です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 ...
豊かなイマジネーションの世界。ポーランドの画家Jacek Yerkaが描くのシュールレアリスム絵画... ポーランド出身の画家Jacek Yerka(ヤチェク・イェルカ)の作品はルネ・マグリットやサルバドール・ダリを彷彿とさせるシュールレアリスム絵画です。 イマジネーション溢れる不思議な風景や生き物と都市、住居などを融合させた絵を描いています。こんな世界があるなら行ってみたいと思えるようなファンタ...
まるで宇宙。石を描いているのに石には見えない超リアルな絵画... 1947年に生まれアメリカのメイン州の画家Alan Mageeはアクリル絵の具と油絵の具でかなりリアルな石の絵を描きます。リアルなことにも驚きなのですが、描かれた石の構成が素晴らしい。 明らかに、ただの石ではなく、1つ1つの石が惑星や宇宙の一部分かのような神秘的なものを感じさせます。石の表面に...
今なお衝撃的。イマジネーションと情念の世界、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品【10選】... メキシコを代表する画家、フリーダ・カーロ(Frida Kahlo)さんの作品を特にインパクトが強い作品を集めていたいと思います。フリーダ・カーロといえば、特徴ある自画像を思い出す方が多いと思いますが、生涯200点以上の作品を残し半分以上が自画像だったそうです。 絵を描くようになったのは父親の影...
     

SNSで更新情報を配信中!!