曼陀羅のよう。ダミアン・ハーストの何千匹という昆虫を使った作品シリーズ


ダミアン・ハースト(Damien Hirst)(1965-)はイギリスの現代美術家で、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)と呼ばれる、1990年代に頭角を現してきたコンテンポラリー・アーティストの中でも代表的な存在です。

特に有名な作品としてあげられるのは1990年代に発表された死んだ鮫、牛、羊などの動物の身体を真っ二つにしてホルムアルデヒドによって保存したシリーズです。最近では、この作品シリーズから有毒な発がん性物質ガスホルムアルデヒドガスが検出され話題となりました。

ここで紹介するのは、本物の蝶を画面に付けた作品シリーズ「Kaleidoscope Paintings」です。規則的に蝶たちが画面に並べられており、まるで曼陀羅のような、またステンドグラスのような作品です。蝶以外にもクワガタ、サソリ、蛾や蜘蛛などの昆虫を使ったシリーズ「Entomology Paintings」も制作していますので、合わせてご覧ください。虫が苦手な方は閲覧注意ですね。

ダミアン・ハーストは、蝶をモチーフにした作品が多く、蝶をシンプルに撮影した写真や余白を利用した絵画「Butterfly Colour Paintings」などがあります。こちらの作品群は、横浜トリエンナーレにもその一部が出品されています。

ダミアン・ハーストの出世作。彼の名を一躍有名にした動物ホルムアルデヒド漬けシリーズ






ダミアン・ハースト「The Unbearable Lightness of Being」 2003

ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト「Beautiful Architect」 2003

ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト「True Faith」 2004

ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト「Beauty and the Beast (Part 1)」 2002

ダミアン・ハースト






ここからは、蝶以外の昆虫を使ったシリーズ「Entomology Paintings」です。

ダミアン・ハースト「Tityus」 2012

ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト「Briareus」 2012

ダミアン・ハースト






The Souls
Damien Hirst
Other Criteria
定価 ¥11,903
(2018年7月22日6時51分時点の価格)

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
まるでホルマリン漬け。ガラスを使って動物の頭部を克明に描き出す作品シリーズ「TAXONOMY」... コロンビアのアーティストYosman Boteroさんは15枚の平面ガラスにアクリル絵の具で描いた動物の頭部の絵を重ね合わせて、立体的に見える作品シリーズ「TAXONOMY」を制作しました。 一体、1枚1枚どんな風に描かれているのでしょうか。見当もつきませんね。かなりリアルに見えるのでホルマリ...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
手が届きそう・・・本物のような月「Museum of the Moon」... イギリスのアーティストLuke jerram(ルーク·ジェラム)のインスタレーション作品「Museum of the Moon」は月をモチーフにした立体作品で、NASAの提供する画像を元にまるで本物のような月を制作しています。 HIVにマラリア、インフルエンザ。病原菌やウィルスをガラスで再現し...
🍄なにこの可愛いお部屋!?「不思議の国のアリス」の世界を再現したかのような空間芸術が... こちらは1961年ブリュッセル生まれのCarsten Höller(カーステン・ヘラー)のインスタレーション作品「Upside Down Mushroom Room」(2000)です。 ドイツにて農業工学を学び、その後昆虫のコミニケーションの研究しアーティストになるという異色の経歴をもつCar...
これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る