フワッフワッ。羊毛フェルトで作られたコウモリ達が可愛い

アメリカに拠点を置くメキシコ生まれのアーティストLeticia Rocha-Zivadinovicは羊毛フェルト(ニードフェルト)を使って可愛い動物やキャラクターを制作しています。

特にコウモリをモチーフにした作品が素晴らしく可愛いです。胴体は羊毛で作られており、耳や目などはゴムやビーズなどが用いられています。

過去にも、この羊毛フェルトを使って様々な動物などを制作するアーティストをご紹介していますので、合わせてご覧ください。

愛くるしい表情が堪らん。羊毛フェルトで作られた小さな動物たちが可愛い。ギュッとしたい。などなど

















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

蘇るアート界の巨匠。ダリとウォーホールを衝撃的なリアルさで制作する特殊メイクアップアーティスト辻一弘... 京都出身の日本人アーティスト辻 一弘(Kazuhiro Tsuji)の作品をご紹介します。 以前ご紹介したエイブラハム・リンカーンのリアルな胸像を制作したアーティストの作品です。どうやったらこんな作品が生まれるのか、制作する風景を一から見てみたい作品です。あまりにリアル過ぎて驚きですね。 ...
NIKEスニーカー×甲冑。戦国時代と現代のファッションが見事に融合した立体作品... こちらはスタイリスト三田真一、ステインアーティストの土屋秋恆、ファッションデザイナーのスズキタカユキによるユニットTENKIの作品です。ディレクションは三田真一が手がけています。こちらの作品は甲冑をイメージして作られました。 使われたのはNIKEのスニーカーであるAIR FORCE1で、これら...
柔らかい骨。かぎ針編みで表現された小動物の骨格... 「かぎ針編み」とはかぎ針と呼ばれる道具を用いる編み物で、帽子などの小物類、バッグなどを編むことができる手法の1つです。 Caitlin T. McCormack昆虫やカエル、タツノオトシゴ、架空の生き物など、小動物の骨格をかぎ針編みで表現しています。糸の集積から生まれるフォルム感や筋肉の繊維、...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
ファンタジー系アニマル。珍獣感溢れるハンドメイドぬいぐるみがカワイイ... Santaniはdeviant Artで多くのぬいぐるみの作品を公開しています。これが本当に可愛い。ファンタジー映画にでてきそうな少し気持ち悪いけど愛嬌たっぷりな動物たちです。 丸い眼や顔の表情、足裏の肉感などかなり作り込みがされているのが分かりますね。少しだけですがファービーやポケモンに似て...
     

SNSで更新情報を配信中!!