荘厳な存在感。肉塊が描かれたグロテスクで生々しい絵画作品

こちらはロサンゼルスを拠点に活動するアメリカ人のアーティストVictoria Reynolds(ビクトリア・レイノルズ)(1962-)の絵画作品です。

一体どこの肉の部分を描いているのでしょうか?生々しく、官能的に肉の襞や塊が描かれており、描写がグロテスクでちょっと気持ち悪いですが、ゴテゴテとしたバロック様式のフレームとの相性がとても素晴らしいです。

これらのフレームを選んでいるのは、描かれている肉塊をより強調させる意図があり、過剰に演出することで、肉体の美しさを表現しています。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

フォトリアリズムの極致。絶対写真にしか見えない超リアルな絵画作品... 今回は、フランス生まれのアーティスト、Javier Arizabaloの作品をご紹介します。 これらのポートレートの数々、実はすべて絵画なんです。超絶技巧とも言えるこのリアルさは、しばらく私たちの目を釘付けにして放しません。 Arizabaloはフランス国内でアートをを学んだ後、グラフィック...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
なんというリアリティ。大胆で的確な一筆一筆が雪山に変化した超厚塗り絵画... スイスの画家Conrad Jon Godlyによる絵画作品です。 厚塗りの油絵の具の一筆一筆が絶妙に重なり合い雪山が描かれています。自身で撮影した写真をもとに描いているようです。 豪快かつ正確な筆跡があるからこそ雪山として見ることができます。是非、目を細めて見て頂きたいです。 ...
     

SNSで更新情報を配信中!!