美しい陰影とグラデーションで円を描く幾何学的な陶芸作品


Matthew Chambersの陶芸はとても美しい円形のフォルムを繰り返す作品で、円の中心に向かって吸い込まれそうなほど魅惑的な造形を見せています。

まるでCGで作られたグラフィックのような幾何学的な要素や甲殻類の造形も含まれているように感じさせます。陶芸作品とは思えない形態感ですね。

当サイトで紹介したオススメの陶芸作品は以下です。合わせてご覧ください。
鮮烈な色使い。強いインパクトを残すまるでスニーカーのような桑田拓郎の陶芸作品
【超絶技巧】装飾陶技の極み!!世界を驚愕させた初代・宮川香山の陶芸作品
【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品
















 
 
 

2014年11月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ウィーン生まれの女性陶芸家ルーシー・リーの美しいモダンデザイン食器... ルーシー・リー(Dame Lucie Rie)の陶芸作品をご紹介します。ルーシー・リーは、20世紀後期のイギリスを拠点に活動した、オーストリアはウィーン出身の陶芸家です。国立新美術館でも回顧展「ルーシー・リー展」が開かれ250点近くの陶芸作品は話題を呼びましたね。日本では東京国立近代美術館に...
ただならぬ存在感。霊的な気配が漂う動物たちの陶芸作品... アーティストErika Sanadaは犬や鳥、小動物を陶芸で制作しています。制作されたのはただの動物たちではなく、瞳は白く、現実に存在しない、この世の生き物ではないような不気味な存在感を放っています。これらの作品の根底にあるものは、幼い時にいじめにあったことや不安定な精神が作用しているそうで...
【超絶技巧】装飾陶技の極み!!世界を驚愕させた初代・宮川香山の陶芸作品... 高浮彫、真葛焼(まくずやき)の創始者である初代・宮川香山(Miyagawa Kouzan)(1842-1916)の作品をご紹介します。エミール・ガレやロイヤルコペンハーゲン、マイセンにも強い影響を与えたとされる天才的な才能を持った陶芸家です。ダイナミックでありながら精密で本物のようなリアルな...
鮮烈な色使い。強いインパクトを残すまるでスニーカーのような桑田拓郎の陶芸作品... 陶芸作品の「器」というとあの茶色っぽくて茶の色によく合う、温かみのある色とフォルムをイメージしますよね?桑田拓郎(1981-)が作り出す陶芸作品はそんな「器」のイメージを覆します。まるでスニーカーのような色彩がとても強いインパクトを残しています。実に面白い形態感と色彩です。ロエベ財団(Loe...
これが陶芸作品!?粘土から作られたとは思えない恐竜オブジェ... Brett Kernの陶芸作品をご紹介します。まるで風船人形のようなフォルムをしていますが、こちらは粘土からできた陶芸作品です。どこからどう見ても、ビニール製の人形にしか見えませんね。このBrett Kernの作品には恐竜映画「ロストワールド」やテレビ、おもちゃやゲームなどの文化的背景がある...
まるで花園。植物や昆虫が優雅に戯れる豪華でメルヘンチックなカップ&ソーサー... ロシアのアーティストSvetlana Oreshkinが制作する磁器作品はカップ&ソーサーやティーポット、シュガーボウル、スプーン、ボウルなどで、植物や昆虫が造形され過剰なまでに装飾されています。バラや鈴蘭、野いちごなどの植物やトカゲに蝶などの昆虫だけでなく、妖精や鳥などもカップに作られ...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る