美しい陰影とグラデーションで円を描く幾何学的な陶芸作品

Matthew Chambersの陶芸はとても美しい円形のフォルムを繰り返す作品で、円の中心に向かって吸い込まれそうなほど魅惑的な造形を見せています。

まるでCGで作られたグラフィックのような幾何学的な要素や甲殻類の造形も含まれているように感じさせます。陶芸作品とは思えない形態感ですね。

当サイトで紹介したオススメの陶芸作品は以下です。合わせてご覧ください。
鮮烈な色使い。強いインパクトを残すまるでスニーカーのような桑田拓郎の陶芸作品
【超絶技巧】装飾陶技の極み!!世界を驚愕させた初代・宮川香山の陶芸作品
【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品
















 
 
 

2014年11月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

超絶技巧。細密な装飾が施された植物をモチーフにした陶芸作品... アーティストHitomi Hosonoさんの陶芸作品がとても素晴らしいです。植物をモチーフに1つ1つの葉や花びらに命を吹き込むかのごとく装飾され、まるで本物のような存在感があります。塊からこれらの装飾を作っているのではなく、それぞれのパーツを作り、つなぎ合わせることで、全体の有機的なフォルムを作り出...
ムカデ人間!?人体のパーツが重なりあう不気味な陶芸作品... イタリア、ミラノのアーティストAlessandro Boezioさんの作品です。手や足の指や下半身を複数組み合わせた芸術的な陶芸作品を制作しています。 重なり、連なる下半身や手のひらはムカデなどの節足動物を想起させ、とても不気味に感じさせます。話題となったム・シックス監督のホラー映画「ムカデ人...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。 昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
自閉症と知的障害を抱えた芸術家・澤田真一の陶芸作品... 昭和57年(1982年)生まれ。草津市在住の澤田真一さんの陶芸作品をご紹介します。澤田真一さんは国際美術展、第55回ベネチア・ビエンナーレ」に出展するなど近年とても注目されているアーティストです。スイスの美術館「アール・ブリュット・コレクション」に12点が収蔵され、2010~11年にかけてパリで開催...
ウィーン生まれの女性陶芸家ルーシー・リーの美しいモダンデザイン食器... ルーシー・リー(Dame Lucie Rie)の陶芸作品をご紹介します。ルーシー・リーは、20世紀後期のイギリスを拠点に活動した、オーストリアはウィーン出身の陶芸家です。 国立新美術館でも回顧展「ルーシー・リー展」が開かれ250点近くの陶芸作品は話題を呼びましたね。日本では東京国立近代美術館に...
ただならぬ存在感。霊的な気配が漂う動物たちの陶芸作品... アーティストErika Sanadaは犬や鳥、小動物を陶芸で制作しています。制作されたのはただの動物たちではなく、瞳は白く、現実に存在しない、この世の生き物ではないような不気味な存在感を放っています。 これらの作品の根底にあるものは、幼い時にいじめにあったことや不安定な精神が作用しているそうで...
     

SNSで更新情報を配信中!!