悪そうだけどイイ奴ら!?森の番人のような佇まいを見せるトロールの人形

Impsandthingsはトロール(妖精)の人形達を多く制作しています。

作られた人形達は森の中に置かれ撮影されています。トロール達の身につけている服や肌の色が樹木や落ちている葉などの色と一緒で保護色となっていて遠くから見ると分からないかもしれませんね。

頑固そうな表情も愛らしく、今にも喋り出しそうな感じもします。アニメーション担って動くところを見てみたいですね。Facebookには制作風景を撮影した画像もアップされ、またestyshop「ImpsandthingsShop」では作品が販売されていますので、ぜひチェックして見てください。











販売会の様子

制作風景






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

ファンタジックでデコラティブ。動物や架空の生き物をモチーフにした不気味な人形たち... アンティークの磁器人形をベースにガラスビーズなどで装飾された人形をBetsy Youngquistは多く制作しています。 フォルムとしては猫やうさぎ、亀などといった動物や芋虫、蜂などの虫、他には人魚やUFOのような形の架空のモチーフが多く、神話や空想上の生き物なにインスピレーションを得た作品群です...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
手で彫ったとは思えない。台湾のアーティストChien Chu Leeの制作する細密な鉛筆彫刻... 過去に鉛筆を素材に使った彫刻作品、鉛筆彫刻を制作するアーティストは何人も紹介してきたと思います。アメリカのアーティストCindy Chinnやハンガリーのアーティストcerkahegyzoなど。 今回は台湾のアーティストChien Chu Leeの制作した鉛筆彫刻です。Chien Chu Le...
ステンレスの飛沫。金属で液体を表現した芸術作品が有機的で美しい... 中国人アーティストZheng Luはステンレスを使って液体のオブジェを多く制作しています。あの硬い金属とは到底思えないほど有機的なフォルムをしています。 細部を見る独特の形態感の線で成り立っています。文字や何かしらの模様にも見えます。立体物の先にまで行き渡った緊張感が見ているこちらにも伝わって...
静寂と祈りが響き合うMarc Perezの彫刻作品... パリ在住でチュニジア共和国出身の彫刻家Marc Perez(マーク・ペリッツ)(1955年-)の作品が素晴らしいです。 派手さのない地味な作品ではありますが、画像からでも伝わって来る鉄の温かみや形態感が作者の人間性を物語っているかのようです。天を見上げている姿は祈りを捧げているのように見え、足...
鉛筆で極小サイズの彫刻を制作するCindy Chinnのアート作品... アメリカのネブラスカ在住のアーティストCindy Chinn(シンディー・チャイナ)が制作する鉛筆を使った彫刻作品が極小サイズ。なんと、鉛筆がトンネルとなっており、芯で機関車を表現しています。 これまでに鉛筆の芯でなにかを彫刻するアーティストはいましたが、木の部分も使って彫刻するアーティスは珍...
     

SNSで更新情報を配信中!!