自然と人体の関係性を表現した植物的解剖学図

イタリアのアーティストNunzio Paciはキャンバスと鉛筆、油絵の具を使って解剖学図を描いています。

普通の解剖学図ではなく、木々や鳥達などが人体の一部であるかのように描かれています。筋肉が人体の外へ伸び、枝に変化したりするなど、人と自然、動物と植物の関係に着目し描いています。


Nunzio Paci






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

動物と対話する少年。物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションの水彩作品... インドネシア、ジャカルタのアーティストElicia Edijantoの作品がBehanceにいくつか掲載されています。 動物と少年が主なモチーフとなっており、物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションがとても魅力的です。 水彩絵具で描かれています。とても詩的な世界観ですね。動物と人間の...
最高の指南書。すべてのクリエイターに推薦する「グレン・ビルプのドローイングマニュアル」... 大手アニメーションスタジオでトップアニメータを教育してきた「The Teacher」グレン・ビルプによる、人体ドローイングの入門書「グレン・ビルプのドローイングマニュアル」がとても素晴らしい内容ですので、改めてご紹介させていただきたいと思います。 人体を「球体」、「円柱」、「ボックス」など単純...
【要チェック!!】山本タカトの展覧会「ノスフェラトゥ」が10/26より渋谷で開催... タワーレコード渋谷店にあるSpaceHACHIKAIで、10月26日(金)~11月11日(日)の期間にイラストレーター山本タカトさんの展覧会「TAKATO YAMAMOTO EXHIBITION -NOSFERATU-」が開催されます。 この展覧会は最新作品集「ノスフェラトゥ」刊行を記念したも...
絵本でとても有名なミヒャエル・ゾーヴァの非現実的な絵画世界... ドイツ、ベルリン生まれのMichael Sowa(ミヒャエル・ゾーヴァ)の絵画作品をご紹介。 ベルリン芸術大学を卒業後、美術教師を経て画家に。1995年、現代を的確に諷刺した画家に与えられるオラフ・グルブランソン賞受賞しています。 大ヒットしたフランス映画「アメリ」では、主人公の部屋に飾って...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
人間の孤独と闇。認知症の老人などをモデルに皺の1本1本まで克明に描いた鉛筆画家・木下晋... 鉛筆画家・木下晋の作品をご紹介します。上の作品「ゴゼ小林ハル像」は瞽女(ごぜ)・小林ハルをモデルにした作品です。 瞽女とは江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に有縁の村々を流し歩く目の不自由な女性のことで、小林ハルは102歳で吉川英治文化賞を受賞しており「最後の瞽女」と呼ばれた人物です。...
     

SNSで更新情報を配信中!!