怪しいおかっぱ女。宮崎いず美のセルフポートレイトがかなりの中毒性


宮崎いず美(Izumi Miyazaki)さんのセルフポートレイトがとても興味深いです。なんだろうかこのジワジワ来る感じ・・・なんとも不思議な魅力がありますね。日常?精神世界?宮崎いず美が何人も現れたり、独特の表情を浮かべたり、どこか歯車の合わない現実にいるような感覚を覚えますね。

宮崎さんは1994年生まれのアーティストで、2016年に武蔵野美術大学の映像学科を卒業されています。Tumblr上で発信された作品が話題となり、アメリカの「タイム」誌やフランスの「リベラシオン」紙などの海外メディアにも取り上げられたそうです。
日本では京都国際写真祭メインプログラムにも抜擢されました。

シュールな表情になんとも言えない絶妙な長さのおかっぱヘア、どこか感覚をくすぐられているようなアートワークで、今までにあまり見たことがないようなタイプが彗星のように現れ、今後の期待も一段と高まりますよね。

作品がセルフポートレートだったことも、写真集のタイトルが「私と私」であることも非常に気になる要素でした。SNSやTumblrなどのインターネットによる発信が毎日更新されていくことと、宮崎さんの作品が相乗効果となって、日本国内のみならず海外でも話題となった1人と言えそうです。現時点ではまだ20代と若いですが、気鋭という言葉がまさにしっくりくる作家なのではないかと感じました。

写真集「私と私」は青幻舎から刊行されており、Amazonにて購入が可能ですので、この機会に是非宮崎さんの世界観の中に一歩足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

未設定






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

プロ並みの腕前。豊かな自然と人々を捉えたタイの警察官が撮影した写真が素晴らしい。... タイのWanon niwas警察署に務める警察官Saravut Whansetは故郷のタイを写真を500pxに多く投稿しています。被写体となったのはタイの豊かな自然とそれと共生する人々。趣味とは思えない臨場感のあるハイレベルな写真を見ることができますよ。撮影技術も素晴らしいですが、なにより、母国への...
失われた農村風景。福島・奥会津を40年以上モノクロームで撮り続けた写真家・竹島善一... こちらは昭和50年代に撮影された竹島善一(たけしま・よしかず)の写真作品です。竹島善一は40年以上、福島県の奥会津に通い続け当時そこに暮らした人々を撮影しました。 茅葺民家で生活する人々、失われた農村の風景が映し出されています。上の写真は福島県田島町針生で1982年(昭和57年)に撮影された写...
ある男の物語を描く。アメリカの写真家ロバート・パークハリソンと妻のシュールで詩的な写真作品... アメリカ合衆国ミズーリ州出身の写真家ロバート・パークハリソン(Robert Parkeharrison)(1968-)とその妻シャナ(Shana ParkeHarrison)は共同で写真作品を制作しています。 セピア調の色彩とノスタルジックでシュールな世界観が味わえる写真です。衣装や道具など細...
奇妙な非現実感。独特の雰囲気を持つ少年少女達を捉えたロレッタ・ラックスの肖像写真... ん?絵なの?写真なの?と首を傾げたくなるこの作品は、ドイツ・ドレスデン生まれで現在アイルランドを拠点に活動するlorrera lux(ロレッタ・ラックス)(1969-)の作品です。 ジャンル的には「写真」に分類され、撮影した少年少女を切り抜き別で撮影した風景や描いたものをデジタル処理により合成...
洋服や布団、毛布などが回る。コインランドリーの乾燥機を撮影した写真シリーズ「Revolutions」... こちらはシカゴを拠点とするアーティストYvette Meltzerの写真シリーズ「Revolutions」です。 乾燥機の中で回り続ける洗濯物を捉えています。服が回転する残像は筆のストロークのようでまるで抽象絵画を彷彿とさせますね。Yvette Meltzerがここに美しさを見いだしたことがとても...
ニューヨークにある様々な店舗のネオンライトを捉えた写真シリーズ「Light On」... ニューヨークのブルックリンで活動するフォトグラファーFranck Bohbotさんの写真シリーズ「Light On」をご紹介します。ニューヨークにある様々な店舗の夜の姿を捉えています。素敵ですね。魅惑的な夜の姿です。 以前ご紹介した「驚愕、これが映画館!?レベルが違い過ぎるカルフォルニアの映画...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る