動物と対話する少年。物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションの水彩作品


インドネシア、ジャカルタのアーティストElicia Edijantoの作品がBehanceにいくつか掲載されています。

動物と少年が主なモチーフとなっており、物語性を感じさせる静かで美しいグラデーションがとても魅力的です。

水彩絵具で描かれています。とても詩的な世界観ですね。動物と人間の距離感が近いのはインドネシアという風土が要因なのかもしれません。

Elicia Edijanto, Painting, Drawing, Illustration






すべての画像を見る






 
 
 

2015年1月2日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

妙にスタイルのいい下半身。「オウム図譜」に脚を描き足した水彩絵画「lora et ses amies... スイスのビジュアルアーティストNives Widauerはイギリス人アーティスト、イラストレーターであるEdward Lear(エドワード・リア)(1812〜1888)の描いたオウムのイラスト「オウム図譜」に人体の脚を水彩絵の具で加筆することで作品化しています。 羽のカラフルな色彩同様、脚もカ...
羽毛がフワッ、フワッ。水彩絵具で鶏を描いた絵画作品... セルビアのアーティストEndre Penovácの水彩絵の具の「にじみ」で描いた作品を以前紹介しましたね。以下。ねこの毛を巧みに「にじみ」で描きつつも、動物の骨格を意識した描法に驚かされました。 絵の具の「にじみ」で描く猫 Endre Penovácは猫だけでなく、鶏も水彩絵具で描いてお...
清々しいタッチ。水彩絵具で描かれたヨーロッパの美しいドア... ウクライナのアーティストViktoria Kravchenkoが水彩絵具でヨーロッパ各地の様々なドアを描いています。 ベルギーのブリュッセル、フランスのパリ、チェコ共和国のプラハなど実際に旅で見かけたドアたちはその奥になにがあるのかとても気になる素敵なデザインばかりです。 日本ではあまり...
やはり秀逸!!猫のフワフワ感を「にじみ」で描くアーティストの水彩絵画... 以前、猫をモチーフにしたセルビアのアーティストEndre Penovácは水彩画を紹介しましたが、新作の水彩画も引き続き素晴らしいことになっています。 やはり、猫の毛先やフワフワ感がとても巧く表現されていますね。素敵!!水彩絵の具とブラックインクを使って描いています。新作では、ネコだけでなく、...
美しい木漏れ日。ロシアの水彩画家Ilya Ibryaevの描く「光」... イギリスのロマン主義の画家、ウィリアム・ターナー(1775〜1851)は大気や光の効果を追い求めて多数の作品を残しています。「雨、蒸気、スピード-グレート・ウェスタン鉄道」、「解体されるために最後の停泊地に曳かれてゆく戦艦テメレール号」はその代表的な例と言えるでしょう。 モスクワ在住の水彩画家...
絶妙な軽やかさ。イラストレーターScott Cが描いた映画の登場人物たち... こちらはニューヨーク在住のイラストレーターScott C(Scott Campbell)が水彩で描いた作品群です。あの有名な映画作品がこれほど軽やかに、また、ゆるく描かれていることに驚きを隠せませんね。 「ゴーストバスターズ」や「ポリスアカデミー」「ロッキー」に「ゴッドファーザー」「クロコダイ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る