新たな器としての家具たち。ボロボロになったソファや椅子がプランターとして生まれ変わる。


こちらはサンパウロ在住のアーティストRodrigo buenoの「Mobília Tomada」という作品シリーズです。ボロボロのソファや椅子から様々な植物が発生しています。

壊れて中身が剥き出しになった木製の家具や古びた家屋の屋根、廃墟などでこのような光景を見ることがあるかもしれません。以前は人間が座る為の椅子やソファが植物の為の新たな器となっています。

もう座ることはできませんが、今は植物たちを育てる為に存在しています。もちろん芸術作品として。

Rodrigo bueno











NHK趣味の園芸 観葉植物と暮らす―育て方、楽しみ方のガイドブック (生活実用シリーズ)NHK趣味の園芸 観葉植物と暮らす―育て方、楽しみ方のガイドブック (生活実用シリーズ)

NHK出版
売り上げランキング : 26613

Amazonで詳しく見る

Deco Room with Plants in NEW YORK―植物といきる。心地のいいインテリアと空間のスタイリングDeco Room with Plants in NEW YORK―植物といきる。心地のいいインテリアと空間のスタイリング
川本諭,小松原英介

ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング : 8615

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2015年1月6日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

強烈なインパクト。ゴミ同然の人形から作られる不気味な人物像... 以前ご紹介したオーストラリアのFreya Jobbins(フレーヤ・ジョブビンズ)のオフィシャルに新作の立体作品が加わったようですので、再度紹介したいと思います。 リサイクルのおもちゃや人形を使うというコンセプトは以前と同じで、半身像など大きさ自体やスケール感がより強くなっています。相変わらず...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
市民も困惑。屋上に設置された奇妙すぎるオブジェ作品「Quasi」... ニュージランド出身のアーティストRonnie Van Hout(ロニー・バン・ハウト)(1962-)の作品「Quasi」(2016年)はChristchurch Art Gallery(クライストチャーチ・アートギャラリー)に設置されたインスタレーション作品です。 約5mの立体作品は巨大な手に...
リアルポケモン!?毛皮が詰め込まれたガラス製の不思議な球体作品... ロンドン在住のアーティストAdeline de Monseignatの立体作品をご紹介します。このアーティストは動物の毛皮を入れたガラス製の球体を制作しています。 卵みたいで面白い表現ですね。ツルツルした質感のガラスの中に全く異なる質感の毛皮が入ることで不思議で奇妙な作品になっています。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る