村上隆や草間彌生がランクイン。世界で活躍するアーティスト、トップ14が発表!!

ギャラリー、美術館、アートフェア、及びオークションなどを取り上げる海外サイト「ARTSY」では2014年に世界でもっとも活躍したアーティストを市場の動向からランキング化し、トップ14人を発表しました。誰もが知るような有名な芸術家たちがランクインしています。日本から村上隆や草間彌生がランクインしています。ではさっそく14位から見てみましょう!






14位 エド・ルシェ(Ed Rusha)

アメリカ合衆国の画家、現代美術のアーティスト。主に言葉と広告媒体のイメージを用い、コンセプチュアル・アートとしての特徴を持った絵画、写真、版画、映画などの製作を行っています。(Gagosian Gallery)

13位 草間彌生(kusama Yayoi)

日本の彫刻家、画家、小説家。見る者の視界を覆い尽くばかりの水玉模様のモチーフを使うことが特徴。(Web)(Wiki)

12位 ヴィック・ムニーズ(Vik Muniz)

サンパウロ生まれの現代アーティスト。現在ニューヨークとリオデジャネイロを拠点に制作活動中。(Web)(Vik Muniz / Artist)

11位 リチャード・セラ(Richard Serra)

アメリカ生まれ彫刻家。大型のサイトスペシフィックな作品で知られています。(Gagosian Gallery)(現代美術の先端を行くリチャード・セラの成功の秘訣)

10位ゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)

ドイツの画家。 現在、世界で最も注目を集める重要な芸術家のひとりであり、若者にも人気があり、「ドイツ最高峰の画家」と呼ばれています。(Web)

9位 村上隆(Takashi Murakami)

誰もが知る日本の現代アーティスト。森美術館で10月から「村上隆の五百羅漢図展」が開催されますね。(Kaikai Kiki Co., Ltd.)(Gagosian Gallery)

8位 バンクシー(Banksy)

イギリスのロンドンを中心に活動する覆面芸術家。社会風刺的グラフィティアート、ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描くという手法を取っています。(Web)(Wiki)

7位 ダミアン・ハースト(Damien Hirst)

死んだ動物をホルムアルデヒドによって保存したシリーズが有名。ヤング・ブリティッシュ・アーティストと呼ばれ、1990年代に頭角を現してきたコンテンポラリー・アーティストの中でも代表的な存在です。(Web)(Gagosian Gallery)

6位 マリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramović)

ユーゴスラビア出身のパフォーマンスアーチスト。特に、自身の肉体に暴力を加える過激なパフォーマンスで世界的に知られています。(Wiki)

5位 アイ・ウェイウェイ(艾未未)

中華人民共和国の現代美術家・キュレーター・建築家・文化評論家・社会評論家。中国の現代美術がまだ始まったばかりの1980年代から美術家として活躍し、中国の美術および美術評論を先導して世界各地で活動しています。(Wiki)

4位 ジェニー・サビル(Jenny Saville)

ダミアン・ハーストと同じ、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト。人間の身体を一つの肉の塊のように捉えて、巨大なカンバスにダイナミックに描く現代若手女性画家。(Gagosian Gallery)

3位 シンディ・シャーマン(Cindy Sherman)

アメリカ合衆国の写真家・映画監督。コスチュームを着けた自分を被写体としたセルフ・ポートレイト作品で有名。(Wiki)

2位 アンドレアス・グルスキー(Andreas Gursky)

ドイツの写真家。地球上に存在する写真の中で史上最高額の値段が付けられた作品「ライン川 II(RehinⅡ)」が約4億3000万円。

1位 ジェフ・クーンズ(Jeff Koons)

アメリカ合衆国の美術家。キッチュなイメージを使った絵画・彫刻作品などで知られています。(Web)(Gagosian Gallery)

The Top 14 Living Artists of 2014









この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【総まとめ】2015年の人気アーティスト・記事ランキングTOP10... 今年も1年間大変お世話になりました。ということで毎年恒例の年間アクセスランキングTOP10を発表したいと思います。 ちなみに過去の2年間のランキングもありますので、合わせてどうぞ。【2014】、【2013】 (adsbygoogle = window.adsbygoo...
【2014年】人気のあった記事・アーティスト、アクセスランキングTOP10... 今年も1年間大変お世話になりました。「ARTIST DATABASE」は来年で5年目を迎えます。あっという間でした。早いです。このサイトがこうして運営できるのも皆様のおかげです。本当にありがとうございます。11月にはサイトをリニューアルし、大幅にサイトの仕様を変更しました。 より快適に閲覧でき...
「フランシス・ベーコン展」が東京国立近代美術館で2013年3月8日より開催... フランシス・ベーコンとは20世紀のアイルランドを代表する画家で、抽象絵画が全盛となった第二次世界大戦後の美術界において、具象絵画にこだわり続けた画家でもあります。そんな20世紀最も重要な画家の1人であるフランシス・ベーコンの回顧展が東京国立近代美術館・豊田市美術館で開催されます。 東京国立近代...
【美術館・博物館】ゴールデンウィークに行ってみたい展覧会[12選]... これまでARTIST DATABASEで紹介してきた2015年のゴールデンウィークにおすすめの展覧会をまとめてみました。 関東圏内で開催されている展覧会を中心にまとめています。ご予定のある方もない方も美術館、博物館に行ってみてはいかがでしょうか? とても魅力的な展覧会がいっぱいなのでチェ...
世界的なデザイナー・彫刻家の五十嵐威暢... ニューヨーク近代美術館(MoMA)をはじめ、世界の美術館にコレクションされている作品を紹介する「五十嵐威暢と世界のコレクション」展。 本展では本年10月6日~11月25日に札幌芸術の森美術館で開催中の「五十嵐威暢の世界」展と連動し、実際に世界40か所ほどの美術館等にコレクションになっている、ポ...
日本写真史の入門書。写真家約70名の作品200余点収録した「日本写真史 1945-2017」が発売... 大型本「日本写真史 1945-2017 ヨーロッパからみた「日本の写真」の多様性」が青幻舎から2018/10/19に発売されます。本書は、写真評論家の飯沢耕太郎さん監修を務めたイギリスで生まれた日本写真史の入門書といえるもので、写真家約70名の作品200余点が掲載され、飯沢耕太郎さんが日本を代表する...
     

SNSで更新情報を配信中!!