実に美味しそう・・・木版画でパンを作るアーティスト・彦坂有紀

彦坂有紀さんはパンをモチーフにした木版画を制作しています。木版画の中でも「多色摺り木版」という技法が使われており、パンの焼けたカリッとした感じなどを表現しています。木版画でここまで「美味しそう」に表現できるなんて驚きですね。

木版画でパンの表現というアイデアの着眼点にも目を光らせるものがありますが、baseのショップから作品を見ると、「パン」の他に「おもちの本」や「鈴カステラの絵」「エビフライTシャツ」があり、作家のユーモアやセンスを感じます。

そしてパンというのは実に面白い形や色をしています。あまりに生活に馴染んでいて深く考えたことはなかった不思議な形の食べ物であることを、実際に作品に近寄って見たら再認識するかもしれません。昔、美大予備校で「食パンのデッサン」を見た事は多々ありましたが、今回の作者のように「おいしそう」に描けている存在感のあるパンの絵を見られるのは、なかなかない機会と言えそうです。

また作品に余白を多くとっていて、鑑賞する人の視点や関心がモチーフに向くことや、インパクトも大きい仕上がりになっていますね。作家の特徴としても話題性があるモチーフで、年代的にもどのような世代にも親しまれそうなモチーフであることも、実は大きな持ち味と言えるかもしれません。

「おいしそう」に描ける表現力は、大切なことのように思います。今後の「パン」や、「それ以外の食べ物」の、思わず味や香りを感じてしまうような作品が楽しみですね。











彦坂木版工房






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

知られざる木版画絵師。クリムトも魅了した小原古邨(おはらこそん)の描いた花鳥獣図... 「小原古邨」展が2019年2月1日(金)~3月24日(日)の期間に太田記念美術館で開催されます。 こちらは明治時代から昭和時代にかけて活躍したの浮世絵師・木版画家の小原古邨(おはらこそん)の木版画作品です。 小原古邨は、明治10年2月9日現在の石川県金沢市に生まれています。本名は小原又雄...
「美人過ぎる銅版画家」で有名な小松美羽の作品世界... 今回は、テレビなどの各メディアで「美人すぎる」と評判の銅版画家、小松美羽さんの作品をご紹介します。ソニーの携帯、エクスペディアのCMで、その姿をご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 長野県の山間で育った小松さんは、幼少期から、森に宿る精霊やもののけの存在を身近に感じてきたそうで、...
【入場無料】河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座で開催(11/8〜)... 河鍋暁斎の展覧会「We love 暁斎」が銀座の銀座の画廊、秋華洞(しゅうかどう)で、2019年11月8日(金)〜17日(日)の期間に開催されます。入場無料、期間中無休ですので、この機会にご覧ください。 関連の記事はこちら 【1】奇想の天才絵師・河鍋暁斎の描いた幽霊画 【2】河鍋暁斎の...
【展覧会】遊び絵の世界を堪能!!遊び心あふれる浮世絵111点が集結!!... 2019年9月7日(土)~11月4日(月・休)に期間に神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市美術館(展示室1・2・3)で展覧会「江戸の遊び絵づくし」が開催されます。 町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々...
世界的銅版画家・中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示。O美術館企画展を10月18日(金)から開... 公益財団法人品川文化振興事業団(所在地:東京都品川区、理事長:中川原史恵)は、「O(オー)美術館」(東京都品川区、館長:鳥山玲)において、10月18日(金)から期間限定で世界的銅版画家 中林忠良の代表的作品約100点を一堂に展示する「中林忠良銅版画展―腐蝕の旅路―」を開催いたします。 
 中林忠...
異形の怪物達が佇むモノクローム作品。版画家Richard A. Kirkの退廃的幻想世界... 版画家Richard A. Kirk(リチャード・A・カ―ク)のドローイング、版画作品をご紹介します。Richard A. Kirkはアメリカのロック・バンドKorn(コーン)のアルバム「Untitled」のアートワークを担当しました。上の作品が実際に使われた「Untitled」というアルバムです。...
     

SNSで更新情報を配信中!!