【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品


以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。

相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手がコップを持つ様などは茶会の最中のようにも思えます。と思ったらタイトルが「Feast(宴会)」となっていました。納得ですね。

以前は「Crowd(群衆)」や「Self Feeding(自分で食べる)」だったので作品全体の様子が違ったようです。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

「焼き物」という概念を軽く越えてくる斬新過ぎる桝本佳子の陶芸作品... こちらは、日本人陶芸家、桝本佳子さんの作品です。今回は、陶芸家・・・という枠から気持ちよく突き抜けている桝本さんの作品群をご紹介しますね。兵庫県に生まれた桝本さんは、京都市立芸術大学大学院在学中から、日本や韓国でグループ展を開催するなど、早くからその才能は高い評価を得ていました。 卒業後は...
【超絶技巧】江戸後期から明治にかけて活躍した象牙彫刻家・島村俊明... こちらは島村俊明(1855・安政2年-1896・明治29年)(しまむらしゅんめい)の象牙彫刻作品です。上の作品は高さが約33㎝。豊かな表情とポーズの柔軟さ、細密に刻まれた衣服の文様など技術の高さが伺えます。歴史上の人物をモチーフにした作品が多く、明治時代の象牙彫刻全盛期の一翼を担いました。 ...
官能的でフェティッシュ。食器の底に口が付いたら超不気味・・・... イスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品をご紹介します。皿やコップの底にリアルな口が造形されています。食べる為の道具である食器に口を付けるなんて・・・唇や舌のヌルっとした質感が上手く再現されています。オブジェ作品ですので実際にこれで食事をすることはないのでしょうが、食べ終わった...
人間の内面や潜在意識をテーマにした不気味だがユーモラスな彫刻作品... カリフォルニアのアーティストAvery Palmer(エイブリー・パーマー)の陶芸作品をご紹介します。シュールレアリスムの絵画作品に影響されており、人間の精神や寓話的な事柄をテーマに作品を制作しています。人物の中の存在するもう1人の人間や人格がひょっこり顔を出す様などは内面や潜在意識を表現し...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
これが陶芸作品!?粘土から作られたとは思えない恐竜オブジェ... Brett Kernの陶芸作品をご紹介します。まるで風船人形のようなフォルムをしていますが、こちらは粘土からできた陶芸作品です。どこからどう見ても、ビニール製の人形にしか見えませんね。このBrett Kernの作品には恐竜映画「ロストワールド」やテレビ、おもちゃやゲームなどの文化的背景がある...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る