不気味!?捨てられた玩具や人形が集合体となったオブジェ作品


こちらはFreya Jobbinsというオーストラリア・シドニーで活動しているアーティストの作品です。彼女はご覧の通り「寄せ集め」アートを得意としており、オブジェやインスタレーション、写真を用いて数多くの作品を生み出しています。

彼女がこのような作品を作り続ける上でのテーマとなるのが、心の奥底に隠されてしまった本当の自分への探求の旅なのです。
遠い昔、誰もが遊んだことのあるような見覚えのあるおもちゃ。そしてひとつの命が終わり廃棄されたおもちゃを集め、解体し、再構築していく過程は、彼女にとって前世との対峙であり、その中で彼女は、自分の中に潜んでしまった本当の自分の生きる意味や目的と向き合うこととなると語っています。

私たちが彼女の作品を見たときに抱く、「気持ちが悪い」と思いながらも湧いてくる奇妙な既視感や居心地の悪さは、もしかしたら、忘れていた遠い記憶の中に眠る何かが目覚めようとする合図なのかもしれません。

彼女の作品はオーストラリア各地で展示され、アメリカのニューヨーク、デトロイト、サンフランシスコ、ドイツ、ノルウェイ、オーストリア、UAE、イスラエルなど世界各国で紹介され、様々な賞を受賞しています。











Freya Jobbins






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

SF的クリチャー彫刻。人間と機械の融合を表現したかのような完成度の高いフィギュア芸術... Jason Hiteの立体作品をご紹介します。SF的でクリチャーな造形のフィギュア的な作品です。人間と機械が融合したかのようなビジュアルイメージが強烈ですね。 「スポーン」や「スパイダーマン」などに出てくる悪役キャラクターを連想させます。ですが、販売されているフィギュアと違うのは、細部の作り込...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
ファンタジー系アニマル。珍獣感溢れるハンドメイドぬいぐるみがカワイイ... Santaniはdeviant Artで多くのぬいぐるみの作品を公開しています。これが本当に可愛い。ファンタジー映画にでてきそうな少し気持ち悪いけど愛嬌たっぷりな動物たちです。 丸い眼や顔の表情、足裏の肉感などかなり作り込みがされているのが分かりますね。少しだけですがファービーやポケモンに似て...
異種混合が新しいオブジェの誕生へ。トミカがお寿司を運ぶアート作品「トミ寿司」... 「中野裕介/パラモデル」の作品をご紹介。以前もご紹介したパラモデルの作品ですが→おもちゃで覆い尽くされた空間!プラレールを使った大規模なアート作品が凄い! こちらもとてもユニークで面白いです!使われているのはおもちゃの車で有名なトミカ、とお寿司の食品サンプルです。この2つが本当にジャストサイズ...
手で彫ったとは思えない。台湾のアーティストChien Chu Leeの制作する細密な鉛筆彫刻... 過去に鉛筆を素材に使った彫刻作品、鉛筆彫刻を制作するアーティストは何人も紹介してきたと思います。アメリカのアーティストCindy Chinnやハンガリーのアーティストcerkahegyzoなど。 今回は台湾のアーティストChien Chu Leeの制作した鉛筆彫刻です。Chien Chu Le...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る