【連載】スギモトダイキ「ペッコリとケムポ」の第2話「星の羊の片想い」が公開


当サイトによるアーティスト・スギモトダイキの連載「ペッコリとケムポ」の第2話「星の羊の片想い」が公開されました。第1話はこちら⇒スギモトダイキによる連載「ペッコリとケムポ」がスタート!!第1話「1000年待ってた。」
仲良くなった女の子と別れ、タマネギ型の宇宙船に乗り星を離れた足の長い変な生き物の「ケムポ」とクマのぬいぐるみ「ペッコリ」、次の星で新たな出会いが待っています。ではご覧下さい。とても温かみのあるストーリーですよ。

スギモトダイキ DAIKI SUGIMOTO プロフィール
2006.東京レコードより音源配信開始。
2007.ポケットスペース絵本賞受賞
2008.フジテレビ系ザベストハウス123にて紹介
2009.デザインフェスタvol.30展示。
2010.アルファポリス絵本部門アート部門最終選考進出。
2011.大人も読みたい絵本アワード入選
2012.海外の情報サイトtiny cartridgeにて紹介。
2013.ウェブマガジン「アパートメント」にて連載。
2014.ライブドアニュース、グノシー、ねとらぼ、DDNJAPAN、LINEニュースなど国内外多数のニュースサイトに掲載。

スギモトダイキノホームページ / Twitter / ブログ / pixiv / You tube









この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【12/21まで】スギモトダイキによる連載「ペッコリとケムポ」の原画を抽選で1名の方にプレゼント!!... 今月から始まったアーティスト・スギモトダイキによる連載「ペッコリとケムポ」がスタートしました。まだ見ていない方はこちら⇒(連載「ペッコリとケムポ」第1話「1000年待ってた。」) このスギモトダイキの「ペッコリとケムポ」のメインで使われている原画(A4サイズ:210×297mm、額なし)をARTI...
北島敬三が90年代に撮影。写真展「ヘンリー・ダーガーの部屋」が新宿で2/20より開催... 新宿にあるエプソンイメージングギャラリーで2015年2月20日(金)〜2015年3月12日(木)の期間に「ヘンリー・ダーガーの部屋」という展覧会が開催されるようです。当サイトでも紹介したアウトサイダー・アーティストのヘンリー・ダーガー(1892〜1973)が人知れず制作に取り組んだシカゴの部屋、主の...
渾身の力作約30点。日本の伝統美を描く日本画家・智内兄助の展覧会が大阪で開催... 以前、当サイトでもご紹介した日本画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さんの個展がギャルリーためなが大阪で開催されます。 和紙にアクリル絵具で描くという独特の技法で日本の伝統的な模様や花鳥風月の世界を作り出しています。 以前は女の子がモチーフとなっていることが多かったようですが、最新作はさら...
【世界初】何が書いてある分かる画期的な一冊。ダ・ヴィンチ「解剖手稿A」の人体デッサンを理解できる良書... 偉大な芸術家であり解剖学者のダ・ヴィンチが人生をかけて描いた人体素描集「レオナルド・ダ・ヴィンチの「解剖手稿A」人体の秘密にメスを入れた天才のデッサン」がグラフィック社から発売されています。 レオナルド・ダ・ヴィンチが筋肉と骨に焦点を当てて行った人体解剖の研究は、「解剖手稿A」としてイギリスの...
不気味でゾッとする。「死」を描いたポーランドの画家ベクシンスキーの独自世界... 不気味さと特有の世界観などからネットでは「見たら死ぬ」、「見ただけで呪われる」などと言われることがあるポーランド南東のサノク出身ズジスワフ・ベクシンスキー(Zdzisław Beksiński)(1929-2005)は、主に「死」をテーマとした絵画作品を多く残しています。 曽祖父は1863年に...
【展示販売】横尾忠則、赤瀬川原平、宇野亜喜良など。「アングラ時代のポスター」が渋谷で開催... 渋谷のBunkamura Galleryで「アングラ時代のポスター」が、2019年3月13日(水)~3月21日(木・祝)の期間で開催されます。 1960~70年代の高度成長期の日本において、寺山修司の「天井桟敷」、唐十郎の「状況劇場」などのアングラ実験演劇、暗黒舞踏の土方巽など、これまでにない...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る