ロサンゼルスカウンティー美術館で鎧や兜、武具などを紹介する展覧会

ロサンゼルスにあるのロサンゼルスカウンティー美術館(Los Angeles County Museum of Art)、通称ラクマ(LACMA)で「Samurai: Japanese Armor from the Ann and Gabriel Barbier-Mueller Collection」という日本の侍の鎧や兜、武具などを紹介する展覧会が2/1まで開催されています。

日本語にすると「侍:バービー・ミューラーコレクションによる日本の鎧展」となるのでしょうか。これらはテキサス州のバービー・ミューラー夫妻によるコレクションで1000点以上が展示され、この展示で終了するそうです。なんとも残念。日本でも見てみたいですね。











beautifuldecay






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

200点以上を一挙公開。凶悪犯罪者たちの作品を展示「シリアルキラー展」... 銀座のヴァニラ画廊では、ジョン・ウェイン・ゲイシーをはじめ、エド・ゲイン、テッド・バンディ、ヘンリー・リー・ルーカス、伝記映画も公開されたロニー・クレイ等、世界各国の凶悪犯罪を犯したシリアルキラーたちの作品展「シリアルキラー展」が2016年6月9日(火)から7月10日(日)の期間で開催されます。 ...
【約300点が展示】真髄に迫る!!時代劇画の第1人者、漫画家・平田弘史の展覧会が開催中... 漫画家・平田弘史(ひらた ひろし)の展覧会「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」が弥生美術館で3月26日(日)まで開催されています。 平田弘史(1937年生まれ)は「愛憎必殺剣」や「弓道士魂」、「薩摩義士伝」、「黒田・三十六計」など数々の傑作を生んだ漫画家で、時代劇画の第1人者でもあ...
10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
生誕300年。伊藤若冲の展覧会が東京都美術館が4/22より開催。... 東京都美術館で2016/4/22(金)~5/24(火)の期間に江戸の画家、伊藤若冲の展覧会「生誕300年 若冲展」が開催されます。 京都、相国寺に所蔵されている「釈迦三尊像」、宮内庁三の丸尚蔵館の「動植綵絵」30幅など初期から晩年の代表作品が集結する東京初の大回顧展となっています。また「百犬図...
遂に来る!!ピーテル・ブリューゲルの名作「バベルの塔」が日本で展示... なんと16世紀に活躍したベルギー(フランドル)の画家ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」が来年に日本で展示されることが決定されたようです。「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」という展覧会名で東京は東京都美術館で4月から、大阪は国立国際美術館で7月から開催されます。 ピー...
ギレルモ・デル・トロの脳内を散歩。蒐集物や等身大人形などの怪奇的なコレクション... 映画「パンズ・ラビリンス」や近作では「シェイプ・オブ・ウォーター」、「パシフィック・リム」、「クリムゾン・ピーク」、「ヘルボーイ」などを手掛けたギレルモ・デル・トロ監督の展覧会「Guillermo del Toro: At Home with Monsters」がロサンゼルスのLACMA(ロサンゼル...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る