薄い布でホログラムのような図像を作り出すインスタレーション作品


タイのアーティストUttaporn Nimmalaikaewは幾十もの薄い布を重ね合わせホログラムのような図像を作り出すインスタレーション作品を制作しています。1枚1枚に描き、それを重ね合わせることで立体物のように見せています。
以前ご紹介したガラスを幾十にも重ね合わせた作品を作るアーティストXia Xiaowanの作品も素材は違いますが同様の手法と言えるでしょう。

怖過ぎ!?ガラスを重ねて作られた立体作品がガクブル級のホラー

こちらの作品の手法では風景画を表現する際の空気遠近法としても応用できそうですが、作家の作品には人が多く登場しています。薄暗い雰囲気と人の表情が特徴的で、浮世離れしたような、でも幽霊とも違う存在感をイメージさせる仄暗さがこの作家らしさと言えるかもしれません。

もしこの作品空間に風が吹いて一瞬でもふわっと薄い布が揺らいだら、その布が元に戻った瞬間に見えた顔や人の姿に、鳥肌が立ちそうですね。

以前、とある海外の大学や日本の大学の学生作品で、同じような手法の風景画や空間画を見たことがありますが、今回ご紹介した作家の作品のような奇怪な魅力はUttaporn Nimmalaikaewならではの独特なオリジナリティなのでしょう。

おそらくもっと布を何重にも重ねて一つの作品にするというのも良いかと思いますが、何枚目に、何をどのように描いていくかという事を計算しなければ、思い通りに仕上がらない作品でもありそうです。

同手法で鳥や波の表現をしても面白そうですし、布を1枚にして映像を投影し、投影した映像を動画にしてもまた面白いのではないかと次第にアイデアも膨らんでいきます。

しかし今回の作家における「良さ」は静止画をあえて作品にしている点かもしれません。

インタビュー動画と制作している光景を撮影した動画もありますので合わせてご覧ください。











Artist Spotlight | Uttaporn Nimmalaikaew | Family and Loved Ones from Artists Abroad on Vimeo.

Artist Spotlight | Uttaporn Nimmalaikaew | Studio Process from Artists Abroad on Vimeo.






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

曼陀羅のよう。ダミアン・ハーストの何千匹という昆虫を使った作品シリーズ... ダミアン・ハースト(Damien Hirst)(1965-)はイギリスの現代美術家で、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBAs)と呼ばれる、1990年代に頭角を現してきたコンテンポラリー・アーティストの中でも代表的な存在です。 特に有名な作品としてあげられるのは1990年代に発表された死...
いつかのどこかのだれかへ宛てた手紙。伝えたい想いを受け付ける「漂流郵便局」... 「漂流郵便局」とは宛先のない郵便物が届く郵便局です。届けたくても届けることができない手紙や届け先の分からない手紙などを受け付ける郵便局です。 これは瀬戸内国際芸術祭の作品の1つで、香川県三豊市にある旧粟島郵便局をアーティストの久保田沙耶さんが「漂流郵便局」として生まれ変えています。漂流郵便局留...
大人も遊べるボールプールが楽しそう!!アメリカ国立建築博物館に設置されたインスタレーション作品「Th... ショッピングモールなどにある親子連れが遊ぶボールプールを見て、「私も遊びたい・・・」なんて羨んだことはないでしょうか。 Snarkitectureがアメリカ国立建築博物館(National Building Museum)に展示したインスタレーション作品「The Beach」は、子供はもちろんのこ...
悪夢が形となったような芸術。朽ちた木からミイラが出現する立体作品... こちらはスペインのアーティストJavier Perez(ハビエル・ペレス)の作品「Trans(formaciones) II」です。朽ちた木からミイラが這い出てきたような作品になっています。木の部分はブロンズ、ミイラの部分は動物の皮を加工して紙、羊皮紙や樹脂などが使われて制作されています。 一...
これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...
美しく繊細。羽から抜け出し自由に飛び回る鳥を表現した作品... Chris Maynard(クリス・メイナード)の羽を使ったアート作品をご紹介します。これらは本物の羽を使用しており、その羽から鳥のシルエットを抜き出し、まるで羽から鳥が飛び立っているような作品になっています。 羽で鳥を作り出すというところにも惹かれますね。壁にピンを使って展示されていて、とて...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る