【映画】デヴィッド・リンチ監督「デューン/砂の惑星」現場写真

映画「デューン/砂の惑星」はフランク・ハーバートのSF大河小説「デューン」の映像化作品で、デヴィッド・リンチが監督しましたが、元はアレハンドロ・ホドロフスキー監督が手掛けて、途中で降板した作品としても有名です。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の元では、漫画家のメビウスがコスチュームデザインを担当し、美術担当にはH・R・ギーガー、音楽にピンク・フロイドとマグマ、シャッダム四世役にはスペインの画家サルバドール・ダリなどの豪華な面々が連ねていました。以前ご紹介した、記事にメビウスの描いたキャラクター画がありますので、合わせてご覧ください。

漫画家メビウスがデザインを担当した未完の伝説的映画「DUNE」のキャラクター画とストーリーボード

その映画「デューン/砂の惑星」の珍しい現場写真をご紹介。38歳頃のデヴィッド・リンチ監督や主演のカイル・マクラクラン、スティングなどの姿を見ることができます。

映画の評価はwikiから抜粋。

当初構想していた壮大な物語から大きくスケールダウンせざるを得ず、ダイジェスト版のようなまとまりに欠く内容であったため、評価は芳しいものではなく、SFファンや原作ファン、原作者のハーバートにも不評で、興行的にも失敗した。

リンチは「最終決定権が監督自身になかったことから、大変悔しい思いをしたし、残念な結果を迎えた」と自伝で回想している。しかし、彼独特の悪趣味的世界観が全面に出ており、映画マニアの間ではカルト作として一定の評価も得ている。

念願の映画化を断念せざるを得なかったホドロフスキーは、本作の完成に大変なショックを受けていたものの、失意の中劇場で鑑賞した本作があまりにひどすぎたため逆に嬉しくなり、「才能があるリンチがこんな駄作を作るはずがない。ハリウッドのスタジオ体制の犠牲になったのだ」と皮肉交じりに述べている。






日本版のポスター

dangerousminds






Posted with Amakuri at 2018.11.4
フレディ・フランシス, デイヴィッド・リンチ, フランク・ハーバート, TOTO
アルバトロス
Posted with Amakuri at 2018.11.4
フランク・パヴィッチ, スティーヴン・スカルラ, トラヴィス・スティーブンス

 
 
 

2015年1月28日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

バスキアとウォーホールの2ショット写真... ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とアンディ・ウォーホール(Andy Warhol)の2人の写真をご紹介します。1983年に2人は出会っています。 ウォーホールが死ぬ1987年までお互いを刺激しあい1985年にはバスキアとウォーホールの2人展を開催しています...
これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...
不思議の国のアリス!? iPhoneの写真加工アプリで制作された合成写真が味わい深いシュールな世界... カリフォルニアのアーティストAli Jardineは2010年にiPhoneを持って以来、いくつかの写真加工アプリをダウンロードし、その写真加工アプリを駆使した画像をInstagramに投稿をし続けています。 写真のモチーフとなるのはAli Jardine自身のお子ゲイブとピ​​ピンの2人で、...
こんなにも高く!?昭和時代のそば屋の出前方法が驚愕... 海外サイトSpoon tamagoで昭和の日本の風景、そば屋の男性が自転車で大量の蕎麦を配達する写真が掲載され、話題となっています。 海外の方々だけでなく正直、日本の方が見てもきっと驚くのではないでしょうか。蕎麦屋がこんなにも高く積んで配達している風景はアニメや漫画の世界の話だと思っていたので...
グ、グラビア仏像!?現代における四天王「広目天」が新ジャンル過ぎる... こちらは広告企画プロデューサー、谷口マサトのブログで紹介されていた「グラビア仏像」です。グラビアモデルに仏神の1つである「広目天」のスーツ?を着用させて撮影されています。グラビアモデルに仏像をインスパイアさせるなんて、驚きの発想ですね。素晴らしい。シリーズ化もありですね! 仏像が好きだ...
廃工場を撮影したデヴィッド・リンチの初写真集「THE FACTORY PHOTOGRAPHS」... こちらは「ツイン・ピークス」や「ワイルド・アット・ハート」、「ブルーベルベット」などで知られる映画監督のデヴィッド・リンチの初写真集「The Factory Photographs」(2014)です。被写体となっているのは使われていない工場や原発冷却塔の他に通路、崩壊する壁、産業廃棄物、土砂などです...
     

SNSで更新情報を配信中!!