ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像

ミイラ化した遺体が内部に存在する仏像が大変興味深いです。オランダのアッセンにあるドレンテ博物館で開催された「ミイラ展」に出品された仏像です。展示の冊子によるところでは、「即身仏」のようで、その仏像の中のミイラ化した遺体は約1100年以上前に生きていたとされる中国の僧侶です。

僧侶は石棺に入れられた状態で、水や木の実などを食して約3年近く生き延び、そして木の根や皮、樹液から精製されたお茶などを摂取してもう3年近くを生きるそうです。
チューブで息をしていて、鈴の音を頼りに周囲に自分が生きているということを伝えたそうで、そこまでの過酷な修行をすることで一体僧侶の境地はどうなるのかということと、信じられないという印象がありました。

情報過多な昨今において言えばメディア面では疲弊しなさそうですが、なかば暗闇の無響室のような空間の中でじっと同じ姿勢でい続けるというのは気が狂いそうです。逆に、人のストイックな精神力は時に死と隣り合わせで危険だということを、僧侶が身をもって1100年以上も前から私たちに伝えてくれていると考えれば、この修行は無意味ではなかったと言えるものなのでしょう。

医療機器の進歩や技術の革新と、「この仏像の内部を、仏像を壊さずに知りたい」という探究心が絶妙に交差した結晶のような出来事ですね。未来への目印のような大切な研究と言えそうです。






こちらがその仏像。一見普通に見えますが・・・

CTスキャンした画像を見ると。

比較

こちらはその仏像をアメルスフォールトにあるメディカルセンターでCTスキャンしている様子です。

展覧会の様子を伝える動画もありますのでご覧下さい。

Mummie met kiespijn in Drents Museum – RTV Noord 投稿者 rtvnoord

neatorama






 
 
 

2015年2月21日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

なにこのラスボス感。全く勝てる気がしない仏像彫刻が圧倒的迫力... 上海とニューヨークに拠点を置く中国のアーティスト張 洹・Zhang Huan(ジャン・ホァン)(1965年-)の作品「Three Heads Six Arms(六道轮回)」【404 x 483 x 328 inches(1026 x 1228 x 832 cm)】をご紹介します。圧倒的迫力ですね。漫...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。 昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
まるで風船のよう!?死んだ動物の皮を使って球体にしたアート作品... こちらは中国の大連出身のアーティストYang Maoyuan(1966-)の作品です。これらの馬などの動物たちの胴体や体の一部が球体のように丸くなった作品は、死んだ動物の本物の皮を使って制作されています。予め作ってある球体に皮を貼付けていくことによってできあがっています。一部の皮はインクによって色が...
怖過ぎ!?ガラスを重ねて作られた立体作品がガクブル級のホラー... 中国のアーティストXia Xiaowanの作品をご紹介します。これはちょっと近づきがたい作品ですね。普通に怖いです。このアーティストはガラスを何枚も重ねることによって立体的な像を作りだしています。 単なる人物や物体や像ではなく、存在するかどうかわからない曖昧な形態感を表現することでより一層リア...
蘇るアート界の巨匠。ダリとウォーホールを衝撃的なリアルさで制作する特殊メイクアップアーティスト辻一弘... 京都出身の日本人アーティスト辻 一弘(Kazuhiro Tsuji)の作品をご紹介します。 以前ご紹介したエイブラハム・リンカーンのリアルな胸像を制作したアーティストの作品です。どうやったらこんな作品が生まれるのか、制作する風景を一から見てみたい作品です。あまりにリアル過ぎて驚きですね。 ...
なんというクオリティ。段ボールだけで作ったフル可動式フィギュアがすごい!!... bububu氏の段ボール作品をご紹介。これらの作品は全て段ボールで作られいてフル可動するとてもユニークな立体作品です。 塗装した部分と生の段ボールが残っている部分の割合が絶妙です。ポーズがまたカッコいいですよね!これが可動式だなんてちょっと信じられません。トランスフォーマーもビックリですね。 ...
     

SNSで更新情報を配信中!!