世界の美術の歴史をシンプルに分かりやすく表現したポスター集


グラフィックデザイナーのOutmane Amahouのポスター作品をご紹介。ルネサンスからポップアートまでこれまでの美術の動向を代表的な画家や図柄などを使ってとても分かりやすくシンプルなデザインになっています。解説はウィキペディア、Weblio辞書などから引用しています。詳しく知りたい方はテキスト下部のリンクからどうぞ。

スポンサード リンク

Photobucket
ルネサンス美術(-びじゅつ)は、美術の分野におけるルネサンスの現れであり、イタリアに興り、やがて各国に普及していった。文化運動であるルネサンスのうち、最も目に付きやすく、日本人にも親しまれている分野である。
ルネサンス

Photobucket

Photobucket
シュルレアリスム(フランス語: Surréalisme, シュレアリスム)は、芸術の形態、主張の一つ。日本語で超現実主義と訳されている。シュルレアリスムの芸術家を「シュレアリスト(仏: surréaliste)」と呼ぶ。日本においては和製英語流に「シュールリアリズム」(英語圏においても仏語に沿って発音している)、また日本語において省略して「シュール」と呼称する場合もある。
シュールリアリズム(超現実主義)

Photobucket
ポスト印象派 または、ポスト印象主義(英: Post-Impressionism、仏: Post-impressionnisme)は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称である。この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なる。一般的には、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどを指す。
ポスト印象派

Photobucket
ポップアート、ポップ・アート (pop art) は、現代美術の芸術運動のひとつで、大量生産・大量消費社会をテーマとして表現する。雑誌や広告、漫画、報道写真などを素材として扱う。1950年代半ばのイギリスでアメリカ大衆文化の影響の下に誕生したが、1960年代にアメリカ合衆国でロイ・リキテンスタインとアンディ・ウォーホルなどのスター作家が現れ全盛期を迎え、世界的に影響を与えた。
ポップ・アート

Photobucket
オプ・アート(op art)とは、錯視の知覚心理学的なメカニズムにもとづいて、特殊な視覚的な効果を与えるよう計算された絵画作品のジャンルのこと。広い意味での「だまし絵」(トロンプ・ルイユ)の一種であるが、オプ・アートは原則として抽象作品である。エッシャーの平面充填や不可能図形のような具象性を残した作品は、通常、オプ・アートとはされない。正確には「オプティカル(光学的な、optical)・アート」と記されるべきものであるが、ポップアート(pop art)と語感がそろうこともあって、「オプ・アート」の方が好まれる。1964年のタイムが「オプ・アート」を活字にした最初とされる。
オプ・アート

Photobucket
未来派(みらいは、Futurismo(伊)、Futurism, フトゥリズモ、フューチャリズム)とは、過去の芸術の徹底破壊と、機械化によって実現された近代社会の速さを称えるもので、20世紀初頭にイタリアを中心として起こった前衛芸術運動。この運動は文学、美術、建築、音楽と広範な分野で展開されたが、1920年代からは、イタリア・ファシズムに受け入れられ[1]、戦争を「世の中を衛生的にする唯一の方法」として賛美した。
未来派

Photobucket
フォーヴィスムはキュビズムのように理知的ではなく、感覚を重視し、色彩はデッサンや構図に従属するものではなく、芸術家の主観的な感覚を表現するための道具として、自由に使われるべきであるとする。ルネサンス以降の伝統である写実主義とは決別し、目に映る色彩ではなく、心が感じる色彩を表現した。世紀末芸術に見られる陰鬱な暗い作風とは対照的に、明るい強烈な色彩でのびのびとした雰囲気を創造した。
フォーヴィスム(野獣派)

Photobucket
表現主義(ひょうげんしゅぎ)または表現派(ひょうげんは)とは、様々な芸術分野(絵画、文学、映像、建築など)において、一般に、感情を作品中に反映させて表現する傾向のことを指す。狭い意味の表現主義は、20世紀初頭にドイツにおいて生まれた芸術運動であるドイツ表現主義(またはドイツ表現派)および、その影響を受けて様々に発展した20世紀以降の芸術家やその作品について使われる。これには、抽象表現主義などが含まれる。
表現主義

Photobucket
デ・ステイル (De Stijl) とは、テオ・ファン・ドースブルフ(Theo van Doesburg, 1883年 – 1931年)がオランダのライデンで1917年に創刊した雑誌およびそれに基づくグループの名称。「デ・ステイル」とはオランダ語で様式の意味である。「デ・スティル」と表記することもある。
デ・ステイル

Photobucket
ダダイスム(仏: Dadaïsme)とは、1910年代半ばに起こった芸術思想・芸術運動のことである。単にダダとも。第一次世界大戦に対する抵抗やそれによってもたらされた虚無を根底に持っており、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする。ダダイスムに属する芸術家たちをダダイストとよぶ。
ダダイスム

Photobucket
キュビスム(仏: Cubisme; 英: Cubism「キュビズム、キュービズム」)は、20世紀初頭にパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、多くの追随者を生んだ現代美術の大きな動向である。それまでの具象絵画が一つの視点に基づいて描かれていたのに対し、いろいろな角度から見た物の形を一つの画面に収め、ルネサンス以来の一点透視図法を否定した。
キュビスム

Photobucket
目に見える世界をそのままには再現せず、自由な線・色・形・面・ボリュームなどによって構成した非具象的な絵画や彫刻などの芸術。抽象芸術。
アブストラクト-アート

スポンサード リンク

オフィシャルサイト

カラー版 20世紀の美術
カラー版 20世紀の美術

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。