木から作られた驚くほどリアルな彫刻作品


こちらは、イタリアの彫刻家Peter Demetz(ピーター・デメッツ)(1969-)の作品です。サイズ的には約50〜120㎝という小さな人物像ではありますが、そのリアルさ、肌や衣服の表現には目を見張るものがあります。見た目の素材としての木は眼前にあるわけですが、木の木目がありながらも、肌の微妙な抑揚や質感を色彩として感じることができますね。











作品単体で見るとスケール感がわからないので、展示風景を見るとわかりやすいかもしれません。

制作風景






 
 
 

2015年3月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

欲しい!いや欲しくない!蛸をモチーフに作られたテーブルの存在感が凄い!!... アメリカの彫刻家ISAAC KRAUSSの制作した「Octopus Table」というテーブルをご紹介します。このテーブルはブロンズで作られています。以前ご紹介した「海洋生物の造形を取り込んだグロテスクな陶芸作品「BOTTOM FEEDERS」」という陶芸作品もそうでしたが、海の有機的なモチ...
流れる落ちるような艶かしさと美しさ。布の立体感が秀逸な彫刻作品「Ghosts Underground... イタリアの彫刻家Livio Scarpellaの作品をご紹介します。顔にまとわりつく布の表情が秀逸ですね。イタリア、ヴェネツィアのロココ調の彫刻家Antonio Corradini(アントニオ・コッラディーニ)(1668〜1752)に触発されて制作されたシリーズです。液体のような布は...
ダイナミックで繊細。タンポポと戯れるワイヤーで作られた妖精の彫刻... イギリスの彫刻家Robin Wight(ロビン・ワイト)の作品をご紹介します。これらの作品は野外に設置された彫刻作品でタンポポとダンスをしているかのような妖精が作られています。これらの作品はワイヤーをで作られており、タンポポの胞子や妖精の髪の毛、羽は注目すべき表現です。野外彫刻となると雨風に...
まるで焼死体のよう!?燃やすことで生まれる真っ黒焦げな彫刻作品... こちらはイタリアのアーティストAron Demetzの彫刻作品です。このアーティストは木で人物を彫刻し火を放ち真っ黒焦げにするというとても変わった方法で制作しています。「炭の彫刻」とも言うべき作品群です。燃やす前に彫られたであろう顔の面影などや質感などは人によっては多少不気味に感じるかもしれ...
数倍の価値になりそう!?ありふれた土産品に骨格を彫刻した芸術作品... 以前ご紹介したカナダの彫刻家Maskull Lasserreの彫刻作品が素晴らしいです。 南米やアフリカなどの置物の半分を削りリアルな骨格を彫刻しています。相変わらず元の立体物とのテンションの違いに驚かされますね。発想も素晴らしいですが、これらを形にした技術も凄いです。土産物としては、数千...
可愛い!!クレヨンの先を削ったカラフルでキュートな作品達... ベトナム生まれのアメリカ人アーティストDiem Chauの作品をご紹介します。これらはクレヨンの先に人物や動物などが削られた作品になっています。クレヨンの先に彫ることも凄いのですが、彫られた人物などがとても可愛らしくユーモラスなのが、またこの作品を素晴らしくしている要因の1つかもしれませんね...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る