Paul J. Stankard

手のひらサイズの自然風景。植物や昆虫を球体に閉じ込めたガラスアートが美しい


Paul J. Stankard(ポール・スタンカー)は植物や昆虫、草花をバーナーの炎によってガラスを熔融し成形して作り、ガラスの中へ閉じ込めるペーパーウェイト(文鎮)、ガラスアートを作るアーティストとして知られています。

草木やミツバチの群れ、自然を凝縮したような風景をガラスの中に見ることができます。手に取って何時間でも見ていられそうなペーパーウェイトですね。

インタビュー動画や実際に制作している様子を撮影した動画もありますので、ぜひご覧ください。

Paul J. Stankard






すべての画像を見る






こちらが動画です。






 
 
 

2015年3月24日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【最新作】芸術家Ronit barangaのフェティッシュで官能的な陶芸作品... 以前ご紹介したイスラエルの芸術家Ronit barangaの陶芸作品に新作が追加されました。やはり面白いですね。手にリアルな表現が加えられていますね。 相変わらず食器から覗く口や唇、歯などはかなり不気味ですね。しかし、どこか陽気な雰囲気も感じなくもないです。食器の他にモチーフが増えたことや手が...
物憂げな表情。動物の着ぐるみを身に付けた人間をモチーフにした陶芸作品... カリフォルニア州オークランド在住の彫刻家Crystal Moreyの作品をご紹介。木彫のようですがこちらは粘土を焼成することででき上がる陶芸作品です。 熊や鹿、キリンなどの動物の着ぐるみを身に付けています。作品の原風景にはカリフォルニア北部のシエラネバダ山麓の小さな町で育ち、湖や川で泳いだり、...
【超絶技巧】江戸後期から明治にかけて活躍した象牙彫刻家・島村俊明... こちらは島村俊明(1855・安政2年-1896・明治29年)(しまむらしゅんめい)の象牙彫刻作品です。上の作品は高さが約33㎝。豊かな表情とポーズの柔軟さ、細密に刻まれた衣服の文様など技術の高さが伺えます。 歴史上の人物をモチーフにした作品が多く、明治時代の象牙彫刻全盛期の一翼を担いました。 ...
HIVにマラリア、インフルエンザ。病原菌やウィルスをガラスで再現した美しいオブジェ作品... ブリストルを拠点とするイギリスのアーティストLuke Jerram(ルーク・ジェラム)のオブジェ作品です。これらの作品はガラスでできており、豚インフルエンザ、大腸菌やマラリアなどの病原菌がモチーフになっています。 以前の【手が届きそう・・・本物のような月「Museum of the Moon」...
優雅で流動的。板ガラスを接着、積層し断面を見せる生田丹代子の彫刻作品... 生田丹代子の彫刻作品をご紹介します。生田丹代子は何枚もの板ガラスを接着することで流動的で美しい彫刻作品を制作しています。1枚1枚薄いガラスの板を少しづつずらし重ね合わせることで1つの立体物ができ上がっています。実に美しいですね。光を当てることで滑らかで神秘的なグラデーションが作られます。 Gl...
ガラスとは思えないほど力強い。生命力が爆発したようなデイル・チフーリのダイナミックな彫刻作品... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アメリカ現代グラスアートの巨匠と名高いガラス彫刻家Dale Chihuly(デイル・チフーリ)の作品をご紹介します。 イタリアでいち早くガラス技術を学び、...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る