鳩の侍姿が可笑しい。鈴木博雄の日本画作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」

こちらは日本画家の鈴木博雄さんの作品「長篠鳩合戦豆鉄砲三段撃ち」(F6,410㎜×318㎜,2015年)です。ご覧の通り、慣用句の「鳩が豆鉄砲を食らう」と「長篠の戦い」での織田軍の三段撃ちをかけたユニークな作品になっています。
構えている銃は火縄銃ではなくもちろん豆鉄砲ですね。

この作品はtumblrに掲載されています。他にも作品が掲載されていますので、気になる方はフォローしてみてください












 
 
 
2015年3月26日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

毒々しささえ漂う絢爛豪華な作品。「きもの美人」を描いた森田春代の日本画作品... 森田春代の日本画作品をご紹介。日本ではあまり馴染みがない画家かもしれません。海外に移住し現在はオーストラリアに居住しており展覧会もほとんどが海外で開催されています。 鮮やかな色彩で描かれた着物や背景の風景、過剰とも言える装飾に圧倒されてしまいます。可憐で美しいというより豪華で煌びやかな女性が描...
女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...
日本画家・笹本正明が描く耽美で妖艶な幻想的世界... 日本画家・笹本正明さんの絵画をご紹介します。描かれている人物のほとんどが美しき女性や子どもであることは神話性や物語性などを感じさせます。一角獣や蝶、人形や黒猫など登場するモチーフは象徴的であり、意味深で優美な世界がその作品から見て取れます。全体を覆う煌びやかな表情はこの世ではない、非現実的な空間を描...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... こちらは三重県出身の画家・森秀雄(もりひでお)(1935-2012)の絵画作品です。森秀雄は絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名で、エアブラシ技法の第一人者として知られています。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)は名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。 描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
     

SNSで更新情報を配信中!!