【閲覧注意】目や手に覆われた動物たちのゾワゾワ感がハンパない彫刻作品

こちらはアメリカのモンタナ州に住む彫刻家Adrian Arleoの陶芸作品群です。

人間の手や目に覆われた犬や様々な動物。蜂の巣、鳥の巣が人間の皮膚に表すことで人間と動物の生と死に分け隔てがないということを表現しています。

かなりグロテスクなビジュアルに驚かされますね。不気味ではありますが、メッセージ性の強い作品ですね。インパクトのある作品なので閲覧注意でお願いします。

Adrian Arleo






すべての画像を見る


 






 
 
 

2015年4月18日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

これが陶芸作品!?粘土から作られたとは思えない恐竜オブジェ... Brett Kernの陶芸作品をご紹介します。まるで風船人形のようなフォルムをしていますが、こちらは粘土からできた陶芸作品です。 どこからどう見ても、ビニール製の人形にしか見えませんね。このBrett Kernの作品には恐竜映画「ロストワールド」やテレビ、おもちゃやゲームなどの文化的背景がある...
まるで流木アート。実はこれ、粘土で作られた陶芸作品... 写真にしか見えないな絵画作品、本物の人間にしか見えない彫刻作品など制作する際に使用した素材を全く感じさせない高度な技術で制作された芸術作品は多くありますね。当サイトでも紹介しました。以下。 捕獲された年老いた天使。イメージを覆すリアルな彫刻作品「Angel」 蘇るアート界の巨匠。ダリとウォー...
不気味で奇妙。不安定な精神を表現したようなHaejin Leeの陶芸作品... 人体のパーツをモチーフにした陶芸作品で言えばイスラエルのアーティストRonit barangaの作品、(2)はとてもインパクトがあり、既存の「器」のイメージを覆すような作品でした。 韓国のアーティストHaejin Leeの陶芸作品は「器」が作られているわけではありませんが、人体のパーツを立体物...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
超絶技巧。細密な装飾が施された植物をモチーフにした陶芸作品... アーティストHitomi Hosonoさんの陶芸作品がとても素晴らしいです。植物をモチーフに1つ1つの葉や花びらに命を吹き込むかのごとく装飾され、まるで本物のような存在感があります。塊からこれらの装飾を作っているのではなく、それぞれのパーツを作り、つなぎ合わせることで、全体の有機的なフォルムを作り出...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...
     

SNSで更新情報を配信中!!