【世界初】瀬戸内海の美しい海が一望できる[二重螺旋構造]を持つ珍しい教会「リボンチャペル」

こちらは広島県尾道市にあるBella Vista(リゾートホテル ベラビスタ境ガ浜)の教会「Ribbon Chapel(リボン チャペル)」です。建築家の中村拓志さんによって設計されJCDデザインアワード2014大賞受賞した建築物です。

「永遠の繋がり」がテーマとなっており、2つのリボンが結び合っているように見える二重の螺旋階段の構造を持つとても珍しい教会です。

別々にスタートした二本のリボンが、ゆったりと上昇スパイラルを描きながら一つになる様は、新郎新婦が晴れて一つになる結婚までの道のりを象徴している。実際、式の中で新郎新婦が別々のスパイラル階段を徐々に昇って最頂部で出会い、抱擁し、庭で見守る参列者から祝福されるという式典も想定している。我々は、このようなふるまいそのものをシンプルに建築化したのである。 –Hiroshi Nakamura & NAP Architectsより抜粋-

まさに「スペシャル」な時間が味わえそうな教会ですね。











内観

夜になると…






 
 
 

2015年4月20日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

約10,000本の動物の骨がある不思議なレストラン... メキシコのグアダラハラ市にあるレストラン「Hueso」の内装が驚きです。 店内にはなんと約10,000本の動物の骨が白を基調にディスプレイされています。おどろおどろしいのかなっと思って実際見てみるとかなりお洒落、Joseph Cornell(ジョセフ・コーネル)のボックスアートなど思わせるアー...
特殊な構造を持つ建築物。ロシアの建築家アレクサンドル・ブロツキーとイリア・ウトキンによる「ペーパー・... アレクサンドル・ブロツキー(Alexander Brodsky)(1955〜)とイリア・ウトキン(Ilia Utkin)(1955〜)はロシアの建築家であり、モスクワ建築大学在学時の同級生です。 2人はコンビで紙でつくる建築を模したアート作品であるペーパー・アーキテクトを制作して発表していまし...
本当に大丈夫か!?橋のようなガラス製プールが怖すぎる... こちらはHAL architectsが手掛ける2018年を完成目標にした驚きのデザインをした「スカイプール」。地上10階建てのマンションとマンションの間に橋のように架けられていてガラス製なんだとか。 長さは約27m、深さは約3m、約20cmの厚いガラスで作られます。ロンドンの中心部、ナインエル...
軽トラガーデンコンテスト!?軽トラの荷台に広がる素晴らしい庭園風景... 「軽トラガーデンコンテスト」に出品された作品がとても素晴らしいです。この軽トラガーデンコンテストは、一般社団法人の日本造園組合連合会が主催するコンテストで、審査員14名により企画力・表現力・デザイン・施行力・環境への配慮等について厳正かつ公正な審査が行われています。 各地で開催されており、金賞...
金融機関とは思えない。巣鴨信用金庫「中青木支店」が素敵!!... 以前、フランス人建築家のエマニュエル・ムホーが手掛けた東京都豊島区に本店のある信用金庫、巣鴨信用金庫の店舗をご紹介しましたが、他にも巣鴨信用金庫を5店舗も手掛けられているようです。 今回は埼玉県の西川口駅周辺にある中青木支店です。正面の立体感あるカラフルなキューブが金融機関とは思えないほど、と...
なんと開放的なトイレ。千葉県には世界一大きいガラス張りのトイレがある。... 千葉の市原・小湊鉄道飯給駅には世界一大きいトイレがあります。このトイレ女性専用で広さは200平方m、杉の丸太を数百本使用した塀で囲まれています。 総工費は約1,000万円。設計したのは衣料品店「ユニクロ」心斎橋店や台湾タワーを手掛けた建築家の藤本壮介です。 以外と利用者が多いそうですよ。こんな開...
     

SNSで更新情報を配信中!!