独特の造形を模様にするスコットランドのアーティストCosmic Nuggetsのドローイング作品


こちらはスコットランドのアーティストCosmic Nuggets(コズミックナゲッツ)のドローイング作品、雑誌の切り抜きや写真、広告、ポスターなどにペンや絵の具を使って模様を施しています。

装飾性がとても強く、民族的なマスクを感じさせる模様ですね。一見ユニークさを感じさせますがどこか威圧するような凄みもあります。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

身体の一部分だけで描いたChuck Closeの超リアルなポートレイト作品... こちらはアメリカのアーティストChuck Close(チャック・クローズ)(1940)の描いたポートレイト作品です。これらの作品は筆や鉛筆で描かれた作品ではなく、指のみで描かれた作品(フィンガーペインティング)です。1970年代に筆で描くことをやめて、様々な方法でポートレイトを描いています。この作品...
溶解したガラスで紙の上にドローイングするアーティスト市川江津子の作品... 東京出身のアメリカで活躍するコンテンポラリ・アーティスト市川江津子(Etsuko Ichikawa)は溶けたガラスを使い紙の上にドローイングをするというとても変わった描法を使って作品を制作しています。トロトロに溶けた熱いガラスが紙に落ち、紙が燃える様や、焼き付いたグラデーションがとても美しい...
インクのにじみで女性の肖像画を描く韓国生まれのアーティストSamantha Wallの作品... こちらはアメリカに居住する韓国生まれのアーティストSamantha Wallの作品です。以前、猫をにじみで描いたアーティストのEndre Penovácの作品も紹介しましたが、Samantha Wallの作品もより、少ない手数で的確に描く対象を捉えています。微妙な濃淡で人体の立体感も描いてい...
悪夢的絵画世界。アーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)のドローイング作品... ニューヨーク出身でロサンゼルスを拠点に活動するアーティストLaurie Lipton(ローリー・リプトン)の絵画作品をご紹介します。恐怖政治、セクシュアリティ、欲、無関心などを主題にしたモノクロームのドローイング作品です。高熱でうなされた時のような、現実ではありえない光景がリアルに描かれてい...
強いメッセージ性。象や動物たち鉛筆で描いた絵画作品「Elephants」... アメリカ人アーティストAdonna Khare(アドンナ・クヘア)の作品をご紹介。この作品は「Elephants」というタイトルで「ArtPrize 2012」で展示されたものです。鉛筆だけで象やオランウータン、コアラや鳥達など様々な動物たちがいきいきと描かれています。一見すると、みんなで肩...
人間の孤独と闇。認知症の老人などをモデルに皺の1本1本まで克明に描いた鉛筆画家・木下晋... 鉛筆画家・木下晋の作品をご紹介します。上の作品「ゴゼ小林ハル像」は瞽女(ごぜ)・小林ハルをモデルにした作品です。瞽女とは江戸時代から昭和の初めごろまで、三味線を手に有縁の村々を流し歩く目の不自由な女性のことで、小林ハルは102歳で吉川英治文化賞を受賞しており「最後の瞽女」と呼ばれた人物です。...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る