シンメトリックな構造から生まれる美しさ。動物の骨で作られるグロテスクな立体作品

以前紹介した徳重秀樹(とくしげひでき)さんの作品シリーズは死んだ動物の骨や毛皮を使って花をつくる「骨花」というものでしたが、マルタ共和国のアーティストJohn Paul Azzopardi(ジョン・ポール・アゾパルディ)も同様に骨を用いて立体作品を制作しています。

もちろん素材は一緒でもコンセプトやアプローチ方法が全く違い、John Paul Azzopardiは肉の持つ生々しさやグロテスクさを感じさせシンメトリックな構造で骨を編むがごとく立体化しています。骨の表面になにかしらの塗料を施してるようですね。シンメトリックな構造は装飾的な美しさも感じさせますね。
















この記事に興味のある方はこちらもオススメです

可愛い!!R. Wakeの制作した一角獣の赤ちゃん... こちらは彫刻家R. Wakeの制作した一角獣の赤ちゃんの作品です。ポリマー粘土、シリコーン、樹脂などが使われ、毛の部分の素材は、アンゴラヤギの毛であるモヘアが使用されています。 空想の動物である一角獣であるユニコーン。ヨーロッパの伝説上の動物で馬の形をし,額に一本の角があります。逞しい一角獣は...
異種混合が新しいオブジェの誕生へ。トミカがお寿司を運ぶアート作品「トミ寿司」... 「中野裕介/パラモデル」の作品をご紹介。以前もご紹介したパラモデルの作品ですが→おもちゃで覆い尽くされた空間!プラレールを使った大規模なアート作品が凄い! こちらもとてもユニークで面白いです!使われているのはおもちゃの車で有名なトミカ、とお寿司の食品サンプルです。この2つが本当にジャストサイズ...
羊毛フェルトで作られた奇妙な動物たち... ニューオーリンズ出身のニューヨークで活動するアーティストZoe Williamsは羊毛フェルトを使って奇妙な動物たちのオブジェを制作しています。 羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形はフェルティングドールとも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売され、そのキット内の...
いずれは枯れる一瞬の生を表現した徳重秀樹の作品「骨花」... 徳重秀樹(とくしげひでき)さんの作品をご紹介します。これらの作品は死んだ動物の骨や毛皮を使って花をつくる「骨花」(ほねばな)という作品シリーズです。2008年より制作を続けて現在に至っています。コデマリやヒマワリ、キンモクセイ、ホオズキ、ツバキなど様々な花が、モチーフになっています。 制作のき...
筆跡もそのまま再現。ゴッホの名作「ひまわり」を立体化した作品「Sunflowers」... アーティストデュオRob and Nick Carterは1888年にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品「ひまわり」を元に立体化した作品を制作しました。 ゴッホの描いた「ひまわり」をデジタルデータとしてモデリングして精密で高精度かつ、丈夫なモデルを造形可能な3DプリンタであるPr...
【ファンタジー】空想上の動物。サイとカブトムシが融合した未知生物オブジェ... SF、ファンタジー小説や映画などでは空想上の動物や生き物が多く登場しますね。既存の動物がデフォルメされたり、ある種の生き物が融合したりなど。その造形や世界観にワクワクしたことがある人は多いのではないでしょうか。 Emily Hollandの制作した「Rhinoceros Beetle」は動物の...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る