一塊の透明な海。ガラスの中で優雅に泳ぐクラゲにうっとりする


暗い水中を泳ぐクラゲの群れはずっと見ていたくなるようなどこか幻想的で非現実感がある光景ですよね。水族館やドキュメンタリー映像などで見たことがある人が多いかもしれません。

アメリカのカリフォルニア州を拠点し活動するアーティストRick Satavaはガラスを素材として水中を漂っているようなクラゲの作品を制作しています。

まるで本物のクラゲが海中で泳いでいるかのような錯覚に陥ります。非常に魅惑的ですね。

Rick Satava






すべての画像を見る






 
 
 

2015年5月16日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

絶対こんな椅子には座りたくない!!人肌をリアルに表現したミニチュアソファ... スコットランドのアーティストJessica Harrisonの作品です。このアーティストは人間の皮膚のような質感で小さいソファを作りました。なんか気持ち悪いですね。 でも小さいから許せる!!(笑)毛が生えていたり、皺が寄っているのがリアルな感じで怖いです。これが本物の皮膚から作られていると想像...
これが陶芸作品!?粘土から作られたとは思えない恐竜オブジェ... Brett Kernの陶芸作品をご紹介します。まるで風船人形のようなフォルムをしていますが、こちらは粘土からできた陶芸作品です。 どこからどう見ても、ビニール製の人形にしか見えませんね。このBrett Kernの作品には恐竜映画「ロストワールド」やテレビ、おもちゃやゲームなどの文化的背景がある...
今にも動き出しそう。ガラスで作られた透明感あるリアルな蜘蛛たち... ウクライナのアーティストNikita Drachukはガラスでクモやサソリ、ネズミなどの小動物をガラスで制作しています。日本でいうと飴細工のような透明感があり、それらの造形も繊細で有機的で美しいです。 これらの作品はバーナーワーク(ランプワーク)、ガラスの成形技法の一種でバーナーの炎によってガ...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト(15選... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る