まるで遊園地。大人も遊べる人気の観光スポット、セントルイス市博物館に行ってみたい!!

こちらはアメリカのミズーリ州、セントルイス市にある市博物館(City Museum in St. Louis)です。

セントルイスの市博物館のスケール感ある巨大な遊び場は大人も遊べるスペースで、巨大な水槽、クジラの模型、観覧車、サーカスが毎日開催されているなどとてもユニークな博物館です。人気の観光名所としてとても有名です。

総敷地面積が60万平方フィートあり、産業アーティスト、彫刻家もあるアーティスト、Bob Cassilly(ボブ・キャシリー)がデザインしました。博物館とは思えないですね。






すべての画像を見る






 
 
 

2015年6月4日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

カブトムシだけに〜〜〜!?クリーブランド自然史博物館が展示したギャグ的な甲虫標本... アメリカにあるクリーブランド自然史博物館には甲虫標本が展示されていたようですが、ギャグとも言えるユニークな展示となっています。世界中の甲虫が虫ピンで展示されているその中に・・・なんとアレが紛れ込んでいます。 カブトムシだけに〜〜とツッコミたくなること必至ですね。ではご覧ください。 ...
これは胸アツ!?アーマタイプの装甲型レギンスがカッコイイ。... バンクーバーのデザインスタジオ「Mitmunk」の販売しているレギンスをご紹介します。メカニックなビジュアルをレギンスに再現しました。まるで漫画やSF映画の世界のようですね。コーディネートが難しいそうですが。コスプレなんかにいいかもですね。 価格は7,900円とレギンスにしてはちょい高めですが...
【薬物】LSDを摂取した女性が描いた自画像... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【薬物】芸術家が実験台に。LSDを投与しながら描いた絵の結果が興味深い... 注意 薬物の使用、所持等は法律により厳しく禁止されています。当記事は助長を目的としたものではなく、危険性を訴えた記事です。 The use and possession of drugs is strictly prohibited by law. This article is not ...
【絵を描く】驚くべき進歩。上達の過程を年齢別に比較した画像に愕然... 絵の上達ぶりを年齢で追った画像を紹介。まさに見張る上達ぶり。それぞれで上達の過程や段階などはもちろん違いますが、好きで描き、惜しみない努力と苦労があったことは結果を見ればわかりますね。 結果と過程を見るとその年代でどんな作品が好きになって、どんな作品に影響されたのかがわかります。ただ上手になる...
人間に懐く姿が可愛い。使い手感が演出できるドラゴンを首に巻くアクセサリー... 映画、ゲーム、小説などのファンタジー作品でドラゴンが登場することはよくありますね。凶暴な肉食獣であったり、召喚すると一緒に戦ってくれる仲間だったり、知性があり、言葉を話したりなど様々な設定がありますね。 カナダのグラフィック・アーティストAelia PetroのEsty shop「ArtByA...
     

SNSで更新情報を配信中!!