セントルイス市博物館

まるで遊園地。大人も遊べる人気の観光スポット、セントルイス市博物館に行ってみたい!!


こちらはアメリカのミズーリ州、セントルイス市にある市博物館(City Museum in St. Louis)です。

セントルイスの市博物館のスケール感ある巨大な遊び場は大人も遊べるスペースで、巨大な水槽、クジラの模型、観覧車、サーカスが毎日開催されているなどとてもユニークな博物館です。人気の観光名所としてとても有名です。

総敷地面積が60万平方フィートあり、産業アーティスト、彫刻家もあるアーティスト、Bob Cassilly(ボブ・キャシリー)がデザインしました。博物館とは思えないですね。






すべての画像を見る






 
 
 

2015年6月4日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

カブトムシだけに〜〜〜!?クリーブランド自然史博物館が展示したギャグ的な甲虫標本... アメリカにあるクリーブランド自然史博物館には甲虫標本が展示されていたようですが、ギャグとも言えるユニークな展示となっています。世界中の甲虫が虫ピンで展示されているその中に・・・なんとアレが紛れ込んでいます。 カブトムシだけに〜〜とツッコミたくなること必至ですね。ではご覧ください。 ...
水晶とワイヤーで作られた冠「ELEMENTAL CHILD」... アーティストのGillianさんがでは水晶とワイヤーを素材としたエレガントな冠を制作しています。天然石のアメジストや石英(クォーツ)などが使用されており、ファンタジー世界の王妃がしていそうな気品溢れるクリエイティブとなっています。 簡単に髪に固定することができて、快適な着用感なのだとか。価格は...
植物をガラスに閉じ込めた美しいテラリウム・アクセサリー... アイルランドのアーティストKay Bellsはetsyで植物とガラスを素材にしたテラリウム・アクセサリーを販売しています。 「テラリウム」とは瓶、水槽などの透明な容器で多肉植物、苔を栽培したりして、小さな自然空間を作り出すことを言います。アマチュア好きの方々から愛される園芸のスタイルのひとつ...
ファンタジー!!妖精や蝶をイメージさせる翼のアクセサリー... デザイナーHelen Nevettの制作するアクセサリーは妖精や蝶をイメージしたもので、そのアクセサリーから溢れ出るファンタジー感がとても魅力的です。 素材はプラスチック、スワロフスキー、ブロンズ、シルバーなどで作られていて、ピアスやヘアピン、ネックレス、バングルなどのアクセサリーが主となって...
バスキアとウォーホールの2ショット写真... ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とアンディ・ウォーホール(Andy Warhol)の2人の写真をご紹介します。1983年に2人は出会っています。 ウォーホールが死ぬ1987年までお互いを刺激しあい1985年にはバスキアとウォーホールの2人展を開催しています...
これは酷い。イギリスの音楽フェス終了後の光景が目を疑う有様・・・... 90,000人の音楽ファンが溢れかえった後の光景はゴミの山でした。この写真は音楽フェス終了後に空撮されたもので、その燦々たる風景を映し出しています。まるで竜巻が通り過ぎたかのようにも見えますね。 このフェスはReading Festival(レディング・フェスティバル)という名の音楽フェスで、...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る