廃墟

【廃墟】完全にお化け屋敷。不気味すぎるマネキン博物館が怖い


こちらはフォトグラファーAriston Santos De Leonが撮影した写真シリーズです。

廃墟となったイエローラインマネキン博物館(Yellow Line Mannequin Museum)の内部や放棄された数多のマネキンなどが捉えられており、お化け屋敷さながらの不気味さや雰囲気があります。

内部にはマネキンに着せる服やパーツや各客室には50年代と60年代に作られた工芸品や家具などが当時のままに設置されており、地下室には、古い棺も放置されています。

日中でもこれだけ不気味ですから、夜になると想像を絶する光景になるでしょうね。怖い、怖い。

THE VOYAGING











すべての画像を見る






 
 
 

2015年6月8日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

海上に浮かぶ廃墟。カナダの写真家Chris Luckhardtが撮影した軍艦島写真... フォトグラファーChris Luckhardtの端島(通称:軍艦島)を撮影した写真が素晴らしいのでご紹介します。長崎港から南西の海上約17.5キロメートルの距離にある、明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱で栄えていた島です。日本海軍の戦艦「土佐」に似ているため、大正時代ごろより軍艦島と呼ばれ...
南カリフォルニアにある廃墟をシンボリックな構図で捉えた写真シリーズ「Desert Realty」... アメリカの写真家Ed Freeman(エド・フリーマン)は南カリフォルニアにある廃墟を捉えています。モーテルやガソリンスタンド、一軒家など砂漠の中に静かに佇む姿がとても美しいです。気候が主な要因だとは思いますが廃墟のどこか陰鬱なイメージはまったくなく、カラフルとまではいなくとも色彩が豊かな廃...
イギリスの深部に潜入した男。知られざる下水道、鉱山など暗い地下を撮影した写真... こちらはMike Deere(マイク・ディア)がイギリスの下水道網や鉱山などで撮影した写真です。米National GeographicやMail Onlineなどで掲載され話題となっています。ほとんどの写真には本人が写っており、個人的にはあまりいらない演出のような、でもこれで印象付けられる...
まるでお化け屋敷。死の雰囲気が漂う廃墟と化した獣医学校... フランスの廃墟を専門に撮影するフォトグラファーRomain Veillon(ロマン・ヴェイヨン)はベルギーのブリュッセルにある廃墟と化した獣医学校の内部を撮影しました。この建物は20年前から使われず、専門書や標本などが放置されたまま廃墟となっています。犬、猫、猪の臓器など、様々なホル...
廃墟と化した精神病院の内部を撮影したJeremyHARRISの写真作品... ブルックリンを拠点に活動する写真家JeremyHARRIS(ジェレミー・ハリス)の「American Asylums」という写真シリーズをご紹介します。こちらのシリーズは廃墟と化した精神病院の内部を撮影した写真シリーズです。壁の爪跡やボロボロになった壁や落書きなど荒廃的な屋内が撮影されていま...
ゴーストタウンと化したニッチツ鉱山村。当時の生活を垣間みれる廃墟の室内写真... アートディレクターRiccardo Parentiの撮影した秩父にあるニッチツ鉱山村の集落廃墟の写真をご紹介します。ニッチツ鉱山は1960年代には3000人を超える従業員を抱えていましたが、1978年には金属採掘を中止するとともに下火となり、その後、鉱山夫が暮らしていた村は廃村になりました。...

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る