浮世絵を立体化。彫刻家・葉栗剛の木彫作品

彫刻家の葉栗剛(はぐり たけし)(1957〜)さんの作り出す木彫作品がとても素晴らしいです。

歌川国芳が制作した浮世絵「水滸伝豪傑百八人之一人」や歌川豊国の「役者舞台之姿絵」、葛飾北斎の「柳下傘持美人図」などの人物を木彫によって表現しています。

浮世絵から飛び出したような力強い表現力、臨場感があり、絵画の平面性と立体感が巧く表現され豪快さを感じさせます。






歌川国芳画「水滸伝豪傑百八人之一人 浪裡白跳張順」より

「傘持美人」葛飾北斎「柳下傘持美人図」より

「かうらいや」歌川豊国画「役者舞台之姿絵 かうらいや」より

歌川国芳画「水滸伝豪傑百八人之一人 花和尚魯知深初名魯達」より






 
 
 

2015年6月9日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

想像を超える本物感。布を表現した木彫作品が超絶リアル... こちらは台湾の女性アーティストMary Leu(呂 美麗)(マリー・ルー)が制作した彫刻作品です。なんと素材は木。本当にこれが木からできているなんて信じられないくらい布に見えます。 軍手やショルダーバッグ、パンツにブラジャーなどの日用品などがモチーフとなっており、彩色されていませんが、フォルム...
なんという迫力。自然破壊や環境問題をテーマに完全に神様を実体化した彫刻作品... 今回は、アメリカで活動する彫刻家、Paul Balikerの作品をご紹介します。60歳を超えた今も精力的に生み出され続ける彼の作品の原点は「自然」。 独学で彫刻で学んだ彼の作る作品は、彫刻のジャンルを軽々と飛び越えた、荒々しい生命への祈りが溢れています。 この「A Matter Of Tim...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
装着したら楽しそう!?耳に耳のイヤリング、指に指の指輪が斬新... ベルリンのアーティストNadja Buttendorfの発想がかなり奇想天外で面白いです。 以下は耳の形、デザインをしたシリコンで作られているイヤリング「Yes, it's a real EARring!」と、指の形、デザインをした、こちらも素材がシリコンの「Fingerring」です。 シ...
段ボールを使って作られた仏像。彫刻家・本堀雄二が制作した仏像彫刻... 段ボール仏像作家・本堀雄二の段ボールから作られた仏像彫刻をご紹介します。本堀雄二さんは使い古しの段ボールで多くの仏像彫刻を制作しています。 神戸市出身で阪神大震災以降、新しい材料を使うことに抵抗を感じる様になったそうです。 ゴミ同然の使い古しの段ボールを仏像に変えてしまう一連の行程は命を...
流木で人型オブジェを制作するアーティスト岩崎永人の彫刻作品シリーズ「Torso」... 1953年山梨県出身のアーティスト岩崎永人さんは流木を使って人型のオブジェを制作しています。様々なフォルムをした流木を組みわせ、自立した人型になっています。 森や林、廃墟のような場所にあるこれらのオブジェは有機的なフォルムをした流木により、新たに生命を得たようで、とても不思議な存在感があります...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る