重度の不眠症におかされるフォトグラファーのシュールな写真シリーズ「to dream a dream」


こちらはアメリカのフォトグラファーJenna Martinさんの写真シリーズ「to dream a dream」です。

Jenna Martinさんは重度の不眠症におされており、平均で3日間で数時間、もっとひどい時は5日で数時間しか眠れない時もあります。不眠症のため睡眠時間があまり取れないと現実感が希薄になり、まるで夢の中にいるような感覚に陥るそうです。

この写真シリーズ「to dream a dream」もその体験が元となっています。

JENNA MARTIN PHOTOGRAPHY





©Jenna Martin

©Jenna Martin

©Jenna Martin

すべての画像を見る






 
 
 

2015年6月17日に投稿された記事を再編集しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
1 / 1