月岡芳年、歌川国芳など。「戦争」をテーマとした浮世絵の展覧会が太田記念美術館で7/1から

太平洋戦争が終結してから70年の節目にあたる今年に戦争をテーマとした浮世絵の展覧会「浮世絵の戦争画 -国芳・芳年・清親」が2015/7/1(水 )~7/26(日)の期間に渋谷区神宮前にある太田記念美術館で開催されます。

「戦後70年。浮世絵は戦争をどのように描いていたか。」ということにスポットを当てた展覧会となっており川中島大合戦、日清戦争、日露戦争、戊辰戦争などを月岡芳年、小林清親、歌川国芳などが描いています。

浮世絵と言えば、泰平の世を描いた享楽的な絵という印象を持っている方も多いかも知れません。しかしながら、江戸から明治にかけて、「戦争」を題材とした浮世絵が連綿と描かれ続けていました。太平洋戦争が終結してから70年の節目にあたる今年、これまで全く注目を浴びることのなかった浮世絵の戦争画について紹介します。

浮世絵の戦争画 -国芳・芳年・清親






月岡芳年「魁題百撰相 駒木根八兵衛」









衝撃の絵師 月岡芳年衝撃の絵師 月岡芳年

新人物往来社
売り上げランキング : 97155

Amazonで詳しく見る

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

明治時代を代表する浮世絵師・月岡芳年と豊原国周の美人画が開催中... 明治時代を代表する浮世絵師・月岡芳年と豊原国周の美人画を紹介する展覧会「芳年と国周 -『風俗三十二相』と『見立昼夜廿四時之内』」が2015年2月1日(土)〜2015年2月25日(水)で開催されています。 月岡芳年(つきおかよしとし)(1839~1892)の「風俗三十二相」は明治21年(1888...
猫から龍まで大集合。浮世絵師達が描いた動物の展覧会「浮世絵動物園」が4/1より... 東京、渋谷にある太田記念美術館で「浮世絵動物園」という展覧会が2017年4月1日(土)~5月28日(日)の期間で開催されます。 ペットとして愛された猫や金魚、擬人化されたタコや狐、龍や河童。 2010年に開催され評判の良かった同名の展覧会がパワーアップして開催されます。作品の展示数は前回...
渾身の力作約30点。日本の伝統美を描く日本画家・智内兄助の展覧会が大阪で開催... 以前、当サイトでもご紹介した日本画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さんの個展がギャルリーためなが大阪で開催されます。 和紙にアクリル絵具で描くという独特の技法で日本の伝統的な模様や花鳥風月の世界を作り出しています。 以前は女の子がモチーフとなっていることが多かったようですが、最新作はさら...
幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!... 「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。 幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます...
恐怖のイメージ。幽霊・化け物・妖怪画、血みどろ絵など「怖い浮世絵」が勢ぞろいした展覧会... 2016年8月2日(火)~8月28日(木)の期間に太田記念美術館で「怖い浮世絵」という展覧会が開催されます。展覧会名の通り、「怖い」浮世絵を集めた展覧会となっており、月岡芳年、歌川国貞などの浮世絵作品が勢ぞろいします。 無残絵として名高い、顔面の皮膚を剥ぐ月岡芳年の「英名二十八衆句 直助権兵衛...
【展覧会】上村松園の代表作「序の舞」ほか、上村松園・上村松篁の母子2代の名作を一挙公開... 近鉄グループの文化事業である松伯美術館では、2019年10月26日(土)から11月24日(日)まで、開館25周年を記念し、特別展「上村 松園」「上村 松篁」「『日本画の心』展 ~真善美を求めて~」を開催します。 松伯美術館は1994年(平成6年)に、上村家からの作品寄贈と近畿日本鉄道株式会...
     

SNSで更新情報を配信中!!