うらめしや~、冥途のみやげ

幽霊画が大集合。4年の歳月を経て「うらめしや~、冥途のみやげ」展が7/22より開催!!

「うらめしや~、冥途のみやげ ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」展が東京藝術大学大学美術館、地下2階展示室で開催されます。

幽霊画はとても人気で定期的に展覧会は開かれていますね。今回は東京、谷中にある全生庵に所蔵されている明治の噺家三遊亭圓朝ゆかりの幽霊画50幅が展示されます。

円山応挙、長沢蘆雪、曾我蕭白、浮世絵の歌川国芳、葛飾北斎、近代の河鍋暁斎、月岡芳年、上村松園など、美術史に名をはせた画家たちによる「うらみ」の競演、まさにそれは「冥途の土産」となるのではないでしょうか。

本展は当初平成23(2011)年夏に開催を予定していたそうですが、同年の3月に発生した東日本大震災の諸影響を鑑み、開催直前にして延期を決定した展覧会となり、実に4年の歳月を経て開催の運びとなりました。開催期間は2015/7/22(水)〜2015/9/13(日)となっています。
以下の作品が展示されます。

歌川国芳「浅倉当吾亡霊」(前期展示)嘉永4年(1851)大判錦絵 
伝・円山応挙「幽霊画」(前期展示)江戸中期
鰭崎英朋「蚊帳の前の幽霊」 (通期展示) 明治39年(1906)  絹本着色 全生庵
伊藤晴雨「怪談乳房榎図」 (後期展示)明治~昭和時代(20世紀) 絹本着色

「うらめしや~、冥途のみやげ」公式サイト






うらめしや~、冥途のみやげ






肉筆幽霊画の世界肉筆幽霊画の世界
安村 敏信

新人物往来社
売り上げランキング : 136089

Amazonで詳しく見る

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

身も凍る怪奇の世界。「真冬の幽霊画展」が12/19まで銀座で開催中... 現代日本画家、池永康晟、岡本東子、中原亜梨沙、鈴木博雄、内田すずめの展覧会「真冬の幽霊画展」が銀座にあるぎゃらりい秋華洞で12/19まで開催されています。 身も凍る怪奇の世界を掛け軸や浮世絵など古今の作品群とともに紹介されます。 池永康晟は当サイトでも紹介させていただいた画家ですね。どん...
渾身の力作約30点。日本の伝統美を描く日本画家・智内兄助の展覧会が大阪で開催... 以前、当サイトでもご紹介した日本画家・智内兄助(ちないきょうすけ)さんの個展がギャルリーためなが大阪で開催されます。 和紙にアクリル絵具で描くという独特の技法で日本の伝統的な模様や花鳥風月の世界を作り出しています。 以前は女の子がモチーフとなっていることが多かったようですが、最新作はさら...
10/14から日本画家・栗原永輔の個展「炎」がギャラリーKINGYOにて開催... 10/14(火)〜10/19(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「炎」が文京区の千駄木にあるギャラリーKINGYOにて5年ぶりに開催されます。下の作品は今回の展覧会のDMにもなっている「狂瀾怒濤(It rages. )」という作品です。渦巻く黄色い線光は火花のようで怒り狂った龍の迫力を伝えます。制...
【10/12〜】日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊で開催... 10/12(月・祝)〜10/18(日)の期間で日本画家・栗原永輔の個展「闇の中の光」が孔雀画廊にて開催されます。 前回、開催された個展では赤々とした龍たちが黄色い線光は火花のように描かれていました。迫力ある画面と線描がとても印象的でした。 今回は、向日葵がモチーフとなっており、龍の力強さ...
女性の何気ない美しさ。伊勢生まれの女流画家・伊藤小坡の描いた日常生活の中の美人達... 三重県は伊勢生まれの日本画家、伊藤小坡(いとうしょうは)(1877-1968)の作品をご紹介。直下の作品は1916年に描かれた「つづきもの」という作品です。釜や手ぬぐい、新聞、こんなに生活感溢れる環境でありながら細やかな観察眼で繊細でおくゆかしい女性が描かれていることに驚きます。 自身の家族や...
挿絵原画全29点が展示。泉鏡花×山本タカト「草迷宮」が新宿の紀伊國屋書店で2/6から開催... イラストレーターの山本タカトの新刊「草迷宮」の挿絵29点と新作の「身毒丸」、ポストカードになった絵柄7点が紀伊國屋書店新宿本店で展示されます。新刊である「草迷宮」は以前紹介しましたね。(山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!)これらが展示される機会となっています。...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る