閲覧注意。不気味な家具がある芸術的な部屋

こちらは以前ご紹介したオーストラリア在住のアーティストFiona Robertsのインスタレーション作品「Intimate Vestiges」です。

インパクトが強過ぎる!数百の眼球を埋め込んだ奇妙な椅子

展示空間を部屋と仮定して、ベッドや椅子、カーテンなどのアイテムが制作されておりどれも不気味な存在感を放っています。口のある椅子、目が模様となったカーテン、指カーペットなど恐怖とトラウマを生みそうなものばかりです。






目や唇、静脈、乳首にかさぶたなど人体のパーツを壁紙としてプリントしています。







この記事に興味のある方はこちらもオススメです

電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【押さえておくべき名作・23選】過去200年で歴史を揺るがした衝撃的で革新的な芸術作品... 美術史の中で名を残す革新的な芸術作品をご紹介します。年代的には過去200年、1800年初頭から選出されています。 Paddle8というオークションハウスのキューレーターが選出したもので、とても参考になるので是非ご覧下さい。どの作品も有名なもので憶えておいて損はしないと思います。 ...
不要となったプラスチック製品から作られる幻想的な立体作品... こちらはカナダ出身のマルチメディア·アーティストAurora Robson(オーロラ・ロブソン)が制作した立体作品、インスタレーション作品です。 これらの作品は捨てられたゴミ同然のプラスティックが素材に使われています。海岸に漂流して流れ着いたペットボトルやゴミの集積場を訪れ素材収集をしています...
小人のような土偶を何万個と敷き詰めたインスタレーション作品「Field」... こちらはアーティストAntony Gormley(アントニー ゴームリー)の「Field」というインスタレーション作品です。 1989年にロンドンのスタジオで制作した150体からどんどん増えていき、なんとこれらの作品に使われた粘土の総重量は125トン。アメリカやカナダ、スウェーデン、日本でも制作し...
金魚部による公衆電話に金魚を泳がせたアート作品「金魚電話ボックス」... こちらは金魚部というアーティスト集団のインスタレーション作品です。コンセプトに「金魚に関する研究や作品制作・発表を通して伝統的な文化感覚への尊重を現代に伝える。」を掲げています。 2014年、大和郡山市に設置されたこの作品は、現代美術家である山本伸樹(やまもと のぶき)の電話ボックスの内部に生...
【閲覧注意】無数の黒い蝶が壁を覆い尽くすインスタレーション... メキシコ在住のビジュアル・アーティストCarlos Amoralesのインスタレーション作品をご紹介。遠くで見ると黒い塊が壁に、、、近づいてみると、、!!!!一匹ならまだ可愛いもののこんなに大量の蝶がいるなんて思いもよりませんね。 もちろん紙で作られた蝶で、本物ではないですが近くで見るインパク...
     

SNSで更新情報を配信中!!