昆虫千手観音像

【虫注意】制作期間5年!!カブトムシやクワガタなど昆虫2万匹でつくられた千手観音像


昆虫を使った造形作品といえば、「ファーブル昆虫記」の著者である生物学者のひ孫、ヤン・ファーブルがとても有名ですね。

日本にもクワガタやカブトムシ、玉虫、カミキリムシなど様々な昆虫を用いて千手観音像や新田義貞像を制作した方がいます。群馬県に住む稲村米治は1975年、今から約40年前に昆虫約2万匹以上を採取し約5年の制作期間を経てこの「昆虫千手観音像」を制作しました。台座を含め180cmあります。

画像だけでも造形物としての禍々しさや異常な存在感は伝わってきますね。稲村米治さんは1975年以降、昆虫を使った像の制作はしていないそうです。虫が苦手な方はご遠慮ください。






昆虫千手観音

すべての画像を見る






新田義貞像

「昆虫千手観音像」以前の1970年に約5000匹の昆虫で制作された作品です。

こちらが稲村米治です。なお、昆虫千手観音の制作理由は・・・

ナニコレ珍百景に取材された際の動画もありますのでご覧ください。

kotaku






 
 
 

2015年7月14日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

プログラム変更可。1770年代に作られた文字や絵を描くことができる240歳の自動記述人形... この小さな人形はスイス生まれの時計メーカーピエール・ジャケ・ドローによって1770年代に設計された240歳の自動記述ロボットです。最古のコンピュータの一例であると考えられています。貴族を楽しませる為に作られたものだそうで、人形の内部には6000もの可動部品が備えられており、一枚の紙にテキストや絵を描...
小さくても気品溢れる姿。ビーズで作られたドラゴンのアクセサリー「Brooch dragon」... ロシアのアーティストAlyona Lytvinのビーズを使って造られたブローチのドラゴンがとても可愛いです!!シードビーズ、アンティークビーズサテンや淡水パール、スパンコール、ラインストーンなどビーズだけでなく、様々な装飾物が使用され作られています。爬虫類特有の目の表現がとても素晴らしく、一...
内臓、脳味噌、頭蓋骨丸見え。グロテスク過ぎる可愛いお人形... こちらはイギリスのアーティストJessica Harrison(1982-)の陶芸作品シリーズ「Porcelain」です。昔ながらの工芸的な置物のお人形かと思いきや、とんでもないことになっています。以前もこのアーティストの作品はご紹介したのですが、こういったグロテスクな表現を得意としています...
大自然の縮図。水槽の中に自然の美しさを創造したネイチャーアクアリウムの提唱者・天野尚のアクアリウム作... 天野尚の水槽作品、ネイチャーアクアリウムをご紹介します。ネイチャーアクアリウムとは「自然の美しさを表現するという意味」と「自然の生態系を再現するという意味」があるそうです。本当に美しい限りです。癒し効果抜群ですね。ガラスの中に閉じ込められた大自然には感嘆です。天野尚は写真家でもあります。地球...
名前は「飛龍」。中国の象牙細工職人が改造した空も飛べそうなBMWがとんでもないセンス... カスタムカーや痛車など既存の車を改造したり、ペイントしたり、そこまではいかなくともステッカーを貼ったりなど、車に愛着がある方の中にはそういった趣向性を持ち合わせている方も多くいらっしゃると思います。こちらは中国の象牙細工の職人らによって改造されたBMWZ4。これは凄いですね。しかもオープンカ...
満月や銀河をモチーフにしたロマンティックで神秘的な指輪... こちらはアメリカのアーティストのKeri Newtonが手作りした指輪作品です。満月や銀河、惑星などがモチーフとなっており、それらを手で包み込むようなデザインとなっています。購入が可能でクリスタルボール部分はアメシスト、水晶、オパライト、レインボーオーラなどを選ぶことができて、リングの金属部...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る