昆虫千手観音像

【虫注意】制作期間5年!!カブトムシやクワガタなど昆虫2万匹でつくられた千手観音像

昆虫を使った造形作品といえば、「ファーブル昆虫記」の著者である生物学者のひ孫、ヤン・ファーブルがとても有名ですね。

日本にもクワガタやカブトムシ、玉虫、カミキリムシなど様々な昆虫を用いて千手観音像や新田義貞像を制作した方がいます。群馬県に住む稲村米治は1975年、今から約40年前に昆虫約2万匹以上を採取し約5年の制作期間を経てこの「昆虫千手観音像」を制作しました。台座を含め180cmあります。

画像だけでも造形物としての禍々しさや異常な存在感は伝わってきますね。稲村米治さんは1975年以降、昆虫を使った像の制作はしていないそうです。虫が苦手な方はご遠慮ください。






昆虫千手観音

すべての画像を見る






新田義貞像

「昆虫千手観音像」以前の1970年に約5000匹の昆虫で制作された作品です。

こちらが稲村米治です。なお、昆虫千手観音の制作理由は・・・

ナニコレ珍百景に取材された際の動画もありますのでご覧ください。

kotaku






 
 
 

2015年7月14日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

プログラム変更可。1770年代に作られた文字や絵を描くことができる240歳の自動記述人形... この小さな人形はスイス生まれの時計メーカーピエール・ジャケ・ドローによって1770年代に設計された240歳の自動記述ロボットです。最古のコンピュータの一例であると考えられています。貴族を楽しませる為に作られたものだそうで、人形の内部には6000もの可動部品が備えられており、一枚の紙にテキストや絵を描...
イタリアの天才。甲冑師Filippo Negroliの超絶技巧... Filippo Negroli(フィリッポ・ネグロリ)(1510–1579)はイタリア、ミラノの甲冑師です。彼の父ジャン・ジャコモ・ネグロリ率いるネグロリ一家、弟ジョバンバッティスタとフランチェスコによる集団で、フィリッポはハンマーで金属加工しデザインする彫金の技術に長けていました。 当時から...
超絶技巧。細密な装飾が施された植物をモチーフにした陶芸作品... アーティストHitomi Hosonoさんの陶芸作品がとても素晴らしいです。植物をモチーフに1つ1つの葉や花びらに命を吹き込むかのごとく装飾され、まるで本物のような存在感があります。塊からこれらの装飾を作っているのではなく、それぞれのパーツを作り、つなぎ合わせることで、全体の有機的なフォルムを作り出...
水晶とワイヤーで作られた冠「ELEMENTAL CHILD」... アーティストのGillianさんがでは水晶とワイヤーを素材としたエレガントな冠を制作しています。天然石のアメジストや石英(クォーツ)などが使用されており、ファンタジー世界の王妃がしていそうな気品溢れるクリエイティブとなっています。 簡単に髪に固定することができて、快適な着用感なのだとか。価格は...
なんて可愛い世界観!!幻想的でメルヘンチックなミニチュア作品「マーメイド ドールハウス」... こちらはアメリカのミニチュアアーティストPeter Gabel(ピーター・ガベル)が2015年に制作した「Mermaid's Dollhouse(人魚のドールハウス)」というミニチュア作品、ドールハウス作品です。 高さ約23cm、幅約18センチのこのドールハウスはバミューダ諸島のピンク色の浜辺...
釉薬を使いサイケでPOPなイメージを作り上げるBrian Rochefort(ブライアン・ロシュフォ... 釉薬(ゆうやく)とは、陶磁器や琺瑯の表面をおおっているガラス質の部分のことで、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とする陶芸家Brian Rochefort(ブライアン・ロシュフォール)(1985-)は、垂れ流れるほど多量の釉薬を使い、量感のある「CUP」という陶芸作品シリーズを多く制作しています。 ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る