霧に覆われた世界。ミステリアスな雰囲気が抜群な絵画作品


こちらはアメリカ人アーティストBrian Mashburnの絵画作品です。

ライオンや象など動物園で飼育されているような動物たちの背景に広がる風景は荒廃した都市でしょうか。

作品全体に終末観が漂っていますね。SF映画のワンシーンみたいですね。












この記事に興味のある方はこちらもオススメです

包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
【7選】甘くて美味しそう!!ヨダレが出そうなほど超リアルなスイーツを描いた絵画作品まとめ... デザート、お菓子などをモチーフにしたリアルな絵画(フォトリアリズムペインティング)を制作している現代の画家を紹介したいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Mary Ellen ...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...
まるで迷宮。画家・遠藤彰子が大画面に描く幻想的で異空間のような都市... こちらは日本の洋画家遠藤彰子さんの絵画作品です。縦横無尽に広がる都市空間、まるで生き物のようなうねり、空間の歪みを見せています。 人々の顔に落ちるはっきりと描かれた明暗は内面の不安定さを表現しているようにも見え、また、どこか希望を抱いているような表情にも見えます。 遠藤彰子さんは80年代...
奇怪で奇妙。ウィーン幻想派の代表的画家エルンスト・フックスの禍々しい絵画作品... 1950年前後、ウィーン幻想派というオーストリアのウィーンに集まって古典絵画技法(油絵の具とテンペラを併用した混合技法)を再建させた一派がありました。そのウィーン幻想派の中の1人で、Rudolf Husner(ルドルフ・ハウズナー)と並んで代表的な画家で、中心人物のErnst Fuchs(エルンスト...
懐かしさ漂う奇妙な世界。虎をモチーフにした絵画など多彩に活躍したタイガー立石... 立石大河亞、タイガー立石(TATEISHI Tiger)(1941-1998)さんは名前にも「タイガー」、「大河亞」と入っていたり、画集もそれにちなんで「TRA(トラ)」と名付けるなど、生涯を通して虎を描き続けました。描かれたのはただの虎ではなく、紐になった形態やロボットのような一風変わったシュ...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る