【剥製】蛇をグネグネに変形して制作された芸術作品

これらはイギリスのアーティストPolly Morgan(ポリー・モーガン)(1980-)の作品シリーズで、大理石や木材を台座にして制作されています。最初に見たときはリアルに作ってあるなって感心したんですが、剥製でした。意図的に変形させられたフォルムの良さに人為的なものを感じたせいかもしれません。造形センスを感じさせる良い形ですね。

イングランドの都市であるブリストルの爬虫類センターで蛇の死骸を入手し、丁寧に皮を剥いで制作されています。蛇はカーペットニシキヘビやネズミヘビ、エメラルドツリーボアなどの剥製が使用されています。2004年頃から剥製を使った作品制作を続けています。

剥製を作品制作に利用するアーティストは結構存在しており、当サイトでも多く紹介していました。以下。合わせてご覧ください。

1.飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品
2.悪夢が生んだシュールで不気味な世界。奇妙なモンスター達のポートレイト集






蛇の剥製

蛇の剥製

蛇の剥製






蛇の剥製

蛇の剥製

蛇の剥製

蛇の剥製






動物剥製の手引き (1959年)
橋本 太郎
北隆館
売り上げランキング: 1,132,723
骨格標本作製法
八谷 昇 大泰司 紀之
北海道大学出版会
売り上げランキング: 527,508
骨の学校―ぼくらの骨格標本のつくり方
盛口 満 安田 守
木魂社
売り上げランキング: 67,947
剥製
アボガド6
KADOKAWA (2019-01-31)
売り上げランキング: 1,098

 
 
 

2015年7月25日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

悪夢が形となったような芸術。朽ちた木からミイラが出現する立体作品... こちらはスペインのアーティストJavier Perez(ハビエル・ペレス)の作品「Trans(formaciones) II」です。朽ちた木からミイラが這い出てきたような作品になっています。木の部分はブロンズ、ミイラの部分は動物の皮を加工して紙、羊皮紙や樹脂などが使われて制作されています。 一...
抜群の殺傷能力。危険なベビーグッズが凶悪過ぎてカッコイイ... 中国のアーティストShi Jinsongの立体作品をご紹介します。 このアーティストは赤ちゃんの歩行補助器やベビーカーなどをスチールで制作しました。 しかし普通の赤ちゃん用品ではなく、鋭利なナイフやガトリング砲などで武装しており、そのものが武器のような立体物になっています。 ...
NIKEスニーカー×甲冑。戦国時代と現代のファッションが見事に融合した立体作品... こちらはスタイリスト三田真一、ステインアーティストの土屋秋恆、ファッションデザイナーのスズキタカユキによるユニットTENKIの作品です。ディレクションは三田真一が手がけています。こちらの作品は甲冑をイメージして作られました。 使われたのはNIKEのスニーカーであるAIR FORCE1で、これら...
柔らかい骨。かぎ針編みで表現された小動物の骨格... 「かぎ針編み」とはかぎ針と呼ばれる道具を用いる編み物で、帽子などの小物類、バッグなどを編むことができる手法の1つです。 Caitlin T. McCormack昆虫やカエル、タツノオトシゴ、架空の生き物など、小動物の骨格をかぎ針編みで表現しています。糸の集積から生まれるフォルム感や筋肉の繊維、...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
     

SNSで更新情報を配信中!!