羊毛フェルトで作られた奇妙な動物たち

ニューオーリンズ出身のニューヨークで活動するアーティストZoe Williamsは羊毛フェルトを使って奇妙な動物たちのオブジェを制作しています。

羊毛フェルトを素材に針で刺しまるめて作る人形はフェルティングドールとも呼ばれており、手芸コーナーに行くと初心者向けにキットが販売され、そのキット内の完成予想の人形を再現するのがなかなか困難なようです。

Zoe Williamsが制作するフワフワの白い羊毛に覆われた動物はどこか奇妙なフォルムと愛嬌ある瞳をしています。眼球や歯、爪の素材を変化させることで立体物としてのリアリティを増していることが分かります。






羊毛フェルト

羊毛フェルト

羊毛フェルト

羊毛フェルト

羊毛フェルト






羊毛フェルト

羊毛フェルト

羊毛フェルト






 
 
 

2015年8月3日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【虫注意】本物の昆虫のパーツを組み合わせて作られた妖精達... アムステルダム在住のアーティストCedric Laquieze(セドリック・ラキエゼ)の作品をご紹介します。これらの作品は蝶や蜻蛉、蠍、カブトムシなど本物の昆虫の翅や足を使って作られた妖精のような生き物のオブジェです。 人肌や小人のような妖精ではなく、昆虫のパーツを使うことによって童話世界やフ...
飛び出した肉片を連想させる。動物の剥製を使ったグロテスクなアート作品... トロント在住のアーティストRebecca Fin Simonettiの立体作品です。 奇形やキメラを思わせる剥製の他にポリマークレイ(樹脂粘土)や革などが素材として使われています。剥製の足下や体に付いているものは肉片や生皮を連想させますね。問題を投げかけるような意図や社会的なテーマ、抗議などは...
電子部品で現代的曼陀羅を表現したアート作品「Technological mandala」... ロンドンのマルチメディアアーティストLeonard Ulianの作品をご紹介します。これらの作品はラジオやコンピュータなどを解体して取り出された電子部品とマイクロチップを使って曼陀羅を表現しています。 実に意外な切り口に驚きですね。欧州圏のアーティストがこういった形で曼陀羅を制作している点も意...
【卓越した技術】まるで本物。人物をモチーフにしたハイパーリアリズム彫刻を制作するアーティスト... もの凄くリアルな彫刻を制作するアーティストを紹介したいと思います。かなり人間に近い、まるで人間かのような彫刻のことを「ハイパーリアリズム彫刻」といい、世界各国でこのような作品を制作するアーティストがいます。シリコン、レジン樹脂、ファイバーグラスなどを駆使して人肌に近い表情を作り出しています。 ...
強烈なインパクト。ゴミ同然の人形から作られる不気味な人物像... 以前ご紹介したオーストラリアのFreya Jobbins(フレーヤ・ジョブビンズ)のオフィシャルに新作の立体作品が加わったようですので、再度紹介したいと思います。 リサイクルのおもちゃや人形を使うというコンセプトは以前と同じで、半身像など大きさ自体やスケール感がより強くなっています。相変わらず...
芸術的再構成。骨を3Dプリンターで印刷して美しく組み上げた不気味な美しさを持つ作品... チェコのアーティストMonika Horcicovaの立体作品をご紹介します。3Dプリンターを使って骨を印刷し車輪や奇妙なパターンに再構成しています。 骨を円で組み上げる意味や手ではなく脚を選んだ理由がこの作品のコンセプトになっているように見えますね。多少不気味に感じますが規則的に並べられた骨...
     

SNSで更新情報を配信中!!