人材不足解消となるか!?「介護」の現状をひもとき、未来を語る「介護男子スタディーズ」

介護男子

写真家・高木康行さんによる写真と気鋭の論客による論考で「介護」の未来を語る「介護男子スタディーズ」が介護男子スタディーズプロジェクトから発売されています。

介護職に就く「イケメン」を集めた写真集、論考となっているようで、介護業界のイメージアップや人手不足解消といった背景があるようです。介護に向き合う男性職員のイキイキと働いている姿を捉えています。Facebookファンページもあるようですので動向を知りたい方はチェックしてみて下さい。

介護男子スタディーズプロジェクト。

介護男子スタディーズプロジェクトは、全国の20の社会福祉法人が介護の仕事の理解を促すために共同で実施しています。価格は2,160円、B5変型サイズ、128ページとなっています。ご興味のある方は是非。

介護男子スタディーズプロジェクトとは
「介護」は、とてもクリエイティブな仕事です。
向き合う相手との関係性は、つねにその時、その場の一回限りです。
クリエイティブであるがゆえに、
「遊び」と「本気」が混じり合う不思議な仕事とも言えるかもしれません。
そんな介護の現場では男性がどんどん増えています。
そんな「介護男子」から示唆をうけて、これからの介護を真剣に考えます。

以下著者
安藤桃子(映画監督)、折元立身(現代美術作家)、佐々木誠(映像ディレクター/映画監督)、平川克美(作家)、広井良典(千葉大学法政経学部 教授)、藤村龍至(建築家/ソーシャルアーキテクト)×家成俊勝(建築家)、布施英利(批評家)、細川亜衣(料理家)、堀田聰子(国際医療福祉大学大学院 教授)、六車由実(介護民俗学)、森永邦彦(デザイナー)、山根純佳(実践女子大学人間社会学部人間社会学科 准教授)、吉藤健太朗(ロボットコミュニケーター)






すべての画像を見る






介護男子スタディーズ介護男子スタディーズ
安藤桃子,家成俊勝,折元立身,佐々木誠,平川克美,広井良典,藤村龍至,布施英利,細川亜衣,堀田聰子,六車由実,森永邦彦,山根純佳,吉藤健太朗

介護男子スタディーズプロジェクト 2015-09-01
売り上げランキング : 277789

Amazonで詳しく見る

 
 
 

2015年8月4日に投稿された記事を再編集しています。

1 / 1





ADBの最新情報をお届けします。