今見ても斬新。デイヴィッド・ホックニーのフォトコラージュ作品「Joiners」


今回は、イギリス人アーティスト、David Hockney(デイヴィッド・ホックニー)の作品をご紹介します。
現在はアメリカ、ロサンゼルスを拠点に、80歳を超えた今もなお、精力的に作品を生み出し続けているHockney。60年代にイギリスで起きたPOPアートムーブメントにも大きな影響を与え、イギリス芸術史においても、重要な軌跡を残す、現代アーティストの一人なのです。

Hockneyは、カラフルな色使いとダイナミックな構図が印象的な絵画作品でも知られていますが、今回ご紹介するフォトコラージュシリーズは、写真界においても大きなインパクトを与え、その後多くのアーティストがその手法を取り入れた作品を発表しています。
彼が「Joiners」と呼ぶ、この作品群では、一つの光景が何カットにもコマ分けされた写真の組み合わせで映し出されています。

何気ない街の風景やポートレートが、一度バラバラに解体されることで、それぞれが自律し、再び組み合わされた時に、躍動感とリズム感が新たに芽吹いていますよね。キュビズムから多くの影響を受けたと語る彼らしく、その組み合わせの妙は、「知っているはずなのに知らない・・・」奇妙な既視感の裏切りを見る人の中に植え付けます。

私たちが見ている(つもりの)この世界はほんの一部分で、無数の角度から数えきれないほどの表情に出会うことができることを、Hockneyのコラージュは改めて教えてくれているのかもしれません。
















ホックニーの世界 (WORLD OF ART)
マルコ リヴィングストン
洋販出版

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

夢想せざるを得ない・・・なんという夢ある風景。大きな雲にコラージュした作品「Playing with... トリノの写真家Elio Pallardは大きな雲が撮影された写真に人物などのコラージュして不思議な風景の写真を作り出しました。 もくもくした雲の上に乗るなんてとても夢のある風景ですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])....
アリス不在のワンダーランド。幻想的で摩訶不思議なコラージュ世界... コラージュアーティスト、アートディレクターのqta3のコラージュ作品が素敵です。 「アリス不在のワンダーランド」がテーマとなっており、その多くのコラージュ作品がinstagramに投稿されていて、とてもファンタジックで摩訶不思議な世界を見せています。 素材は雑誌などから使われており、デジ...
昭和シュールレアリスム。前衛芸術の草分け写真家・山本悍右の世界... 山本悍右(Kansuke Yamamoto)(1914-1987)の写真をご紹介します。 これらの写真は1940年代後半〜50年代に多く撮影され、日本におけるシュールレアリスム作品の礎、シュールレアリストの草分け的存在ともいえるアーティストです。セピア調の色調やシンプルで非現実感漂う世界、昭和の独...
拡張し変容するイメージ。レコードジャケットを重ね合わせ独自のビジュアルを作り出した芸術作品... こちらは現代アーティスト、Christian Marclay(クリスチャン・マークレー)の作品です。 Christian Marclayと言えば、映画の中から時計の時間が表示されているシーンだけをつなぎ合わせる24時間の映像作品「The Clock」や音楽関連の作品が多く、自らをレコードプレイ...
現代版不思議の国のアリス。幻のフォトコラージュ作家・岡上淑子の国内初の作品集「はるかな旅」... 1928年高知県生まれの岡上淑子(Toshiko Okanoue)のフォトコラージュ作品集「はるかな旅」が河出書房新社から発売されています。 岡上淑子は1950年代、瀧口修造に見出され、「現代版不思議の国のアリス」と評される鮮烈なフォト・コラージュ作品を発表し注目されました。なんと活動期間は2...
可愛い。猫がゴジラ化したコラージュ作品「Kittenzilla」... オーストリア出身Paul Bauerはデジタルコラージュ作品「Kittenzilla」をbehanceにて公開しています。猫とゴジラを合わせたタイトルになっていますね。 まさに街を破壊するゴジラのように、街が猫の遊び場と化していますね。可愛い。 (adsbygoo...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る