[PR]筆文字ロゴのご用命は「ふで無双」へ ふで無双バナー


今見ても斬新。デイヴィッド・ホックニーのフォトコラージュ作品「Joiners」


今回は、イギリス人アーティスト、David Hockney(デイヴィッド・ホックニー)の作品をご紹介します。
現在はアメリカ、ロサンゼルスを拠点に、80歳を超えた今もなお、精力的に作品を生み出し続けているHockney。60年代にイギリスで起きたPOPアートムーブメントにも大きな影響を与え、イギリス芸術史においても、重要な軌跡を残す、現代アーティストの一人なのです。

Hockneyは、カラフルな色使いとダイナミックな構図が印象的な絵画作品でも知られていますが、今回ご紹介するフォトコラージュシリーズは、写真界においても大きなインパクトを与え、その後多くのアーティストがその手法を取り入れた作品を発表しています。
彼が「Joiners」と呼ぶ、この作品群では、一つの光景が何カットにもコマ分けされた写真の組み合わせで映し出されています。

何気ない街の風景やポートレートが、一度バラバラに解体されることで、それぞれが自律し、再び組み合わされた時に、躍動感とリズム感が新たに芽吹いていますよね。キュビズムから多くの影響を受けたと語る彼らしく、その組み合わせの妙は、「知っているはずなのに知らない・・・」奇妙な既視感の裏切りを見る人の中に植え付けます。

私たちが見ている(つもりの)この世界はほんの一部分で、無数の角度から数えきれないほどの表情に出会うことができることを、Hockneyのコラージュは改めて教えてくれているのかもしれません。
















ホックニーの世界 (WORLD OF ART)
マルコ リヴィングストン
洋販出版
ふで無双バナー

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る