現在幽霊画展

気鋭の若手からベテラン作家まで、総勢20名の「現在幽霊画展」

毎年、この時期になると定期的に各地域で幽霊画に関する展覧会は開催されますね。7/22より東京藝術大学大学美術館でも「うらめしや~、冥途のみやげ」展が開催されています。

2015/8/8(土)〜8/23(日)の期間に杉並区阿佐谷にあるがTAV GALLERYで開催されるグループ展「現在幽霊画展」では気鋭の若手からベテラン作家まで、総勢19名のアーティストが参加しており、絵画だけでなく、映像、写真、染色、彫刻、フィギュア、イラスト、パフォーマンスなど多くの表現媒体で幽霊画に迫っています。

参加アーティストは以下となっています。
あおいうに、亜鶴、有賀慎吾、内田すずめ、エザキリカ、加賀城健、片山真理、笹山直規、下田ひかり、新聞女(西沢みゆき)、杉田陽平、セキンタニ・ラ・ノリヒロ、高田冬彦、月夜乃散歩、デハラユキノリ、ハタユキコ、花岡伸宏、藤井健仁、藤城嘘、山口俊郎

本展は、昨年、インターネット上で開催された「幽霊画展2014」(http://retake001sub.wix.com/yuureigaten2014) の流れを汲んで開催される展示であり、昨年はアンデパンダン形式の展覧会でしたが、本展では、同企画主催者の美術作家・笹山直規のキュレーションによって作家を選出。「幽霊画展」のコンセプトについては本展ステートメントのなかで次のように語っています。

「現在幽霊画展」は笹山直規さんがキュレーションを行なっており、ご自身も作品展示されています。

「現在幽霊画展」[ 8/8 (sat) – 8/23 (sun) ]






この記事に興味のある方はこちらもオススメです

挿絵原画全29点が展示。泉鏡花×山本タカト「草迷宮」が新宿の紀伊國屋書店で2/6から開催... イラストレーターの山本タカトの新刊「草迷宮」の挿絵29点と新作の「身毒丸」、ポストカードになった絵柄7点が紀伊國屋書店新宿本店で展示されます。新刊である「草迷宮」は以前紹介しましたね。(山本タカトが挿絵を担当した泉鏡花の特装版「草迷宮」が11月上旬発売予定!!)これらが展示される機会となっています。...
銭湯の富士山を絵画として堪能。銭湯絵師・丸山清人の個展が1/8より開催... 昔ながらの銭湯には大きな富士山の絵が描かれており、まるで露天風呂にいるような気分にさせてくれますね。まさに銭湯の名物の1つと言えます。 中野ブロードウェイ4FのアートギャラリーGALLERY リトルハイでは丸山清人個展「THE銭湯富士~伝説の背景画絵師~」が2016/1/8から1/18の期間で...
新作約20点。野口哲哉の個展「別世界旅行」が銀座で開催... 野口哲哉は当サイトでもご紹介したアーティストの1人です。その野口哲哉の個展「別世界旅行」が銀座のギャラリー玉英で開催されます。展覧会タイトルである「別世界旅行」をテーマに、不思議な旅の風景や、その中で出会う人々などをモチーフとした平面、立体、併せて20点ほどが展示されます。 侍を通じて描かれる...
【開館5周年記念】スペイン3大画家エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤなど!!プラド美術館の名だたる巨匠た... スペイン・マドリードにあるプラド美術館は歴代のスペイン王家のコレクションを展示する美術館としてとても有名でヒエロニムス・ボス、アルブレヒト・デューラー、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ、エル・グレコ、ピーテル・ブリューゲル、フランシスコ・デ・ゴヤ、ディエゴ・ベラスケスなど巨匠たちの作品を所蔵する美術館...
幻想的な標本アートの世界。江本創の個展が銀座の青木画廊で1/23から開催... 著書「幻獣標本箱」「幻獣標本博物記」「幻獣標本採集誌」などで知られる江本創(えもとはじめ)の個展「江本創展~妖(あやかし)の森に棲む~」が銀座の青木画廊で開催されます。 著書を見たことがある人なら分かると思いますが、不気味な造形ではあるものちょっとユーモラスな所もあり、見応えある作品集。まるで...
明治時代を代表する浮世絵師・月岡芳年と豊原国周の美人画が開催中... 明治時代を代表する浮世絵師・月岡芳年と豊原国周の美人画を紹介する展覧会「芳年と国周 -『風俗三十二相』と『見立昼夜廿四時之内』」が2015年2月1日(土)〜2015年2月25日(水)で開催されています。 月岡芳年(つきおかよしとし)(1839~1892)の「風俗三十二相」は明治21年(1888...


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る