【山下清】「裸の大将」で有名な放浪画家が貼絵で描いた花火


こちらはテレビドラマでとても有名な画家・山下清(1922〜1971)の花火をモチーフにした作品です。一瞬のきらめきを放つ花火がとても好きだったようで多くの花火の作品を描いています。これらの作品群は貼絵などの技法を使って描かれています。1925年3歳の時に、高熱を伴う風邪により軽度の知的障害・言語障害を抱えることになります。

山下清は映像記憶力の持ち主で、全国の花火大会に訪れ、記憶した花火の光景、情景を作品化しました。現場で絵を描くことは少なく、記憶された風景を元に花火を描いたそうです。放浪に旅に出たのは、通学に嫌気がさしたのと、戦争に行くのを避けていたというのが理由で、気がむくままに各地を訪れ、自由を求めた旅をしていました。

山下清は1940年頃より放浪の旅を始めています。放浪の理由は、徴兵への不安や、12歳の時に入園していた千葉県にある養護施設八幡学園で出される食事への心苦しさなどが考えられています。最初は千葉県内の各地を放浪、43年に母親の家及び八幡学園にいったん戻るが再び放浪。その後も何度か母親に顔を見せることもありましたが、基本的に放浪に明け暮れています。
また、千葉だけでなく関東各地や福島県にまで足を伸ばし、ときおり八幡学園に戻ってきては作品の制作を続けます。その他には九州や中国・四国・近畿・北陸など遠方を旅することもあり、各地を周り、花火大会の風景や、日本自然などを描写しました。

18歳で放浪生活を始めた清は、学園生活や徴兵から逃げ出すことを「悪」と考えず、自分の正直な気持ちを表現した正しい行動と捉えていました。そして、心の安定と自由な時間を求め、本能の赴くままの旅を続けるのでした。

テレビドラマの「裸の大将放浪記」では、放浪先で絵を描き、さまざまな感動を残すストーリーとなっていますが、実際の放浪ではほとんど絵を描いていません。旅先で見た風物を自分の脳裏に鮮明に焼きつけ、実家や八幡学園に帰ってから自分の記憶によるイメージを描いていたのです。数ヶ月間、時には数年間の放浪生活から帰った清は、驚異的な記憶力により自分の脳裏に焼きついた風物を鮮明に再現していたのです。しかも、山下清のフィルターを通したイメージは、実物の風物より色鮮やかで暖かい画像となり、それが独特の貼り絵となっていったのです。

彼の日記にも、そのことが書かれています。
「ぼくは放浪している時 絵を描くために歩き回っているのではなく きれいな景色やめずらしい物を見るのが好きで歩いている 貼絵は帰ってからゆっくり思い出して描くことができた」

日本中を放浪して絵を描いたことや俳優の芦屋雁之助によってドラマ化されたことで、広く知られるようになりました。2007〜2009年にはお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが山下清を演じていますね。

日本洋画界の重鎮で洋画家・梅原龍三郎も山下清のことを高く評価したそうです。






山下清「長岡の花火」 貼り絵 昭和25年

山下清「富田林の花火」 貼り絵 昭和44年

山下清「両国の花火」 油絵 昭和30年

山下清「諏訪湖の花火」

山下清「ナイアガラ花火と見物人」 貼り絵






山下 清 ~公式サイト~






山下清作品集
山下 清
河出書房新社
売り上げランキング: 168,251
日本ぶらりぶらり (ちくま文庫)
山下 清
筑摩書房
売り上げランキング: 139,082
山下清―山下清放浪日記 (人間の記録 (98))
山下 清
日本図書センター
売り上げランキング: 306,270

 
 
 

2012年11月22日に投稿された記事を再編集しています。

この記事に興味のある方はこちらもオススメです

【多重人格者】約20の人格が存在する解離性同一性障害者の女性が描く絵... イギリスのKim Noble(キム・ノーブル)(1960年生まれ)は解離性同一性障害(DID)を患っています。俗にいう多重人格障害です。それぞれの人格の独立性がとても強く、過去に類似例がないほど、重度の解離性同一性障害です。小説や映画で扱われることがよくあるので、ご存知の方も多いはず。 Kim...
「森ブルー」と呼ばれる神秘的な青。エアブラシを使用して描かれた森秀雄の絵画作品... 画家点森秀雄(1935-2012)の絵画作品をご紹介します。森秀雄さんは絵具を霧状に噴射するエアブラシを使って描かれるリアルな絵画シリーズ「偽りの青空」を制作することで有名です。青い空を背景にして彫像や絵画作品などが浮かび上がるような空間が描かれています。 夢の中のような幻想的でイマジネーショ...
遺体安置所で働いたアルコール中毒患者の画家ヨゼ・ティスニカルの不気味で暗い絵画... Joze Tisnikar(ヨゼ・ティスニカル or ヨージェ・ティスニカル)(1928-1998)はスロヴェニアの画家です。生前は、スロヴェニ・グラデツ病院の遺体安置所で病死した患者の遺体を解剖して調べる剖検(ぼうけん)のアシスタントとして勤めていました。 病院に勤務しつつ、絵を描いていまし...
包帯を巻いた痛々しい子供達。超リアルでシリアスな光景を描いたゴットフリート・ヘルンヴァインの絵画作品... アイルランドとロサンゼルスの両方を拠点として活動しているオーストリア系アイルランド人の画家、写真家のGottfried Helnwein(ゴットフリート・ヘルンヴァイン)の絵画作品をご紹介。 彼の作品の中でも傷ついた包帯を頭部や手首全体に巻きつけた少女の作品は代表作とも言えるほど有名です。苦し...
一筆の緊張感。無駄なものをすべて排除した余白の芸術... 李禹煥(リ・ウーファン)さんの絵画作品をご紹介します。李禹煥さんは1960年代末に始まった日本の現代美術の「もの派」という大きな動向の一員として有名で現在ヨーロッパを中心に活動している国際的評価の高い美術家です。 ここでは特に一筆で成立している絵画作品を中心にご紹介します。画面に引かれた一筋の...
サングラスの映り込みを描いた超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」... こちらはアーティストSimon Hennesseyの超リアルな絵画作品シリーズ「Reflections」です。ただでさえ、眼鏡やサングラスをかけている人物は描きにくいのに、このアーティストはそれが描きたいが為に目とサングラスに接近してリアルに描いています。 サングラスには有名な建物や風景が写り...


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る